Top
アラ探し  -1-
アラ探し、と言っても
人の粗探し、欠点を見つけることではない。

美味しいお魚ちゃんのお話、
と言っても、魚の粗(アラ)、
即ち魚を下した後の頭とか骨の部分ではない。

今日のアラはれっきとした魚の種類のことだ。

アラは特に関東では余り知られていないが
非常に味が良く通好みの高級魚だ。

アラについては勘違いをしている人が多い。

「クエはアラとも言うが、アラはクエとは言わない」

魚に詳しい人なら分かるだろう。

クエは垢穢、或いは九絵とも書き
深海魚のハタ科に属する魚で
これまた美味、高級魚である。
c0135543_17552350.jpg

クエは九州玄界灘が有名な漁場、
この魚の名前が良く出てくるのは今、
即ち、大相撲、九州場所のときだ。

人気力士を抱える部屋は
毎日のように高級”クエちゃんこ”を楽しめるが
貧乏部屋はブロイラーの”鶏ちゃんこ”で我慢する他は無い。

この魚を、九州でアラと呼ぶことで混乱が生じている。

一方、アラは魚篇に”荒”と書き
北陸沿岸が漁場として名高い。
c0135543_17561062.jpg

首都圏では千葉外房の大原で
時々大きなアラが釣れるという。

そして、このアラは決してクエとは呼ばない。






初めてアラの存在を知ったのは
1990年代後半の金沢勤務時、
後に親しくなった「千取寿司」のご主人からだった。

元来、鯛、平目等の白身魚に執着が無かった私だが
アラだけは例外中の例外のお気に入りの白身魚となった。
c0135543_21432211.jpg

「これがアラですよ」
目の前に置かれた薄いピンク色のアラを
口に入れて驚いた。
c0135543_1754051.jpg

今までの白身魚の頼りない味と違い
上品な中にしっかりとした味を含んでいた。

「美味しいでしょう」
満足げな顔をしたご主人はこう続けた。

「九州で言うアラはクエなんです。
 こちらのアラと向うのクエは同じハタ科ですが
 クエは姿形からハタの一族と分りますが
 アラは”オキスズキ”と呼ばれるように
 スズキによく似てるんですよ。
 ですから、アラのほうがクエより上品な味なんです」

              (眞ハタ)
c0135543_17565146.jpg


               (スズキ)
c0135543_1757587.jpg

以来、千取寿司にお邪魔するたびに
アラの刺身と鮨をつまむのが無上の楽しみとなった。

金沢から東京に帰って以来
淋しさの一つがアラと縁遠くなったことだ。

ところが5年ほど前、
逗子に住む従弟が自らアラを釣り
鍋で楽しむ事を知った。

あのアラを鍋で!!!!

そりゃ旨いだろうが勿体無い食べ方だ。

あの千取の親父さんも呆れたような顔をして言った。
「そりゃ勿体無いですよ、
 アラを鍋で????へーーーー」

さてさて、アラ釣り、アラ探しも忘れる頃
朗報は突然やってきた。

以下、明日に続く
[PR]
by shige_keura | 2010-11-15 08:43 | | Comments(0)
<< アラ探し  -2- 我が青春の女神たち -ヒッチの慧眼ー >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.