Top
アラ探し  -2-
大磯から相模湾に舟を出すと
暫くは水深50メートルほどの浅い海が続く。
c0135543_18101246.jpg

それが、ある地点で急激に300メートルまで落ち込み
暫く進むと又、浅くなってくる。

超高級魚のアラは
急激に深くなる場所に集まってくるという。

ただ、ここ一帯のアラは形が小さく
千葉大原の外房漁師は、
相模湾の「小アラ釣り」と馬鹿にしている。

11月12日、朝8時過ぎ、
電話が鳴った。

受話器の向うから
弾むような従弟の声が流れてきた。

「釣れたよーー!!
 5匹釣れた!!鍋、大丈夫だ」

1匹釣るのも至難の技のアラが5匹!!????

まさか小アラじゃあるまいな?
外房漁師の嘲り声が聞こえてくるようだ。






勇躍、駆けつけて驚いた!!

こりゃたいしたものだ!!
お見それいたしました。
c0135543_18111077.jpg

台所の流しにはアラ様が2匹、
キラキラと光り輝いていた。

釣り舟の記録によると
大きさは28センチから41センチ、計5匹、
8月以降では最大にして最高の釣果である。

何しろ、夏以降、この舟で
アラが釣れたのは、今回を含め2度しかない。

ここまでくると、今日の釣果は
釣り人の技術もさることながら
周囲の人々の強い願望のおかげなのだろう。

良かった!良かった!!
c0135543_18113859.jpg

魚を捌いている途中
手をとめた従弟がこう言った。
c0135543_18163919.jpg

「鍋だけじゃなくて
 薄造りも食べるかい??」
c0135543_1817757.jpg

「食べるかい??なんてものじゃないぜ!!
 アラの本当の美味しさは刺身で味わうものだ」
c0135543_18174152.jpg

久しぶりの、この味!!!

醤油をつける必要なし、
チョッピリ山葵を載せて口に運ぶ。

コリコリとした歯ごたえ
ほんのりと甘みが乗った肉の旨さったら!!!!

常温の純米吟醸との相性抜群だ。
c0135543_18181060.jpg

さて、はじめて食す、「アラ鍋」。
c0135543_18263460.jpg

こりゃ、どうじゃ!!
フグ鍋なんか比較にならぬ
上品な味わい。
c0135543_1827273.jpg

アラから出たエキスが野菜に染みとおり
しばし、一同無言のままに箸と口を動かす。
c0135543_18274753.jpg


c0135543_18281516.jpg

あらかた食べ終わったあとのスープは
飴色に近い色、いかにも旨そうである。
c0135543_18284376.jpg

こうなれば、勿論雑炊で締めねばならぬ。
c0135543_18291064.jpg

鍋底には米一粒、スープ一滴、認められなくなった頃、
初めて会話が盛り上がってきた。

いやいや大変な旨さだった、
が、しかし、何か忘れ物をしているようだ。

なんだろう?????
そうか!アラの鮨を食べてなかった。

次回までには従弟に握りの勉強をしてもらおう。

ご馳走様でした!!!
[PR]
by shige_keura | 2010-11-16 08:47 | | Comments(0)
<< 「我が青春の女神たち」 -レテ... アラ探し  -1- >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.