Top
The odd couple -Part 2-
その昔、私にとっての西部劇のヒーローは
一にゲイリー・クーパー、二にジョン・ウエインだった。
c0135543_18112794.jpg

それは、二人の出演した西部劇の多くが
面白さは言うに及ばず
映画としての完成度が高かった為である。
c0135543_18121556.jpg

だから、たとえランドルフ・スコットが
多くの西部劇のヒーローを演じても
彼の作品は余り馴染めなかった。

しかし、よくも出演したものである。
c0135543_18131892.jpg

彼は1932年に映画デビューし
62年に引退するまでの30年間、
合計66本の映画に出演しているが
そのうち43本が西部劇だった。

これは、ジョン・ウエインの34作品、
ゲイリー・クーパーの24作品を
遥かに凌駕し堂々のナンバーワンの座に位置している。

但し、彼の作品はその題名のつけ方も安易であり
いかにもB級ウエスタンの香りが漂っている。

”決闘”の文字を題名に入れれば良しといった
実に他愛のない映画が多い。

「昼下がりの決闘」をはじめ
「決闘コマンチ砦」、「決闘ウエストバウンド」、
「グレートロックの決闘」、「無法街の決闘」、
「ブラックストーンの決闘」、「ヴァージニアの決闘」等。

まるで西部を股に掛けて決闘しまくった如し、
よくも生き延びたものである。
c0135543_18181173.jpg

さて、この時代、スターと言うスターがおしなべて
西部劇に出演している。

一見西部劇に縁がなさそうな
ジヤック・レモンはグレン・フォードと共に
「カウボーイ」と題した西部劇に出演している。

又、テンガロン・ハットとガンベルトは
似合いそうにないハンフリー・ボガートも
「オクラホマキッド」ではカウボーイ姿で登場している。

数多の俳優の中にあって
西部劇に見向きもしなかった唯一の例外が
カップルの片割れケイリー・グラントなのである。





ケイリー・グラントの映画デビューは
奇しくもランドルフ・スコットと同じ1932年、
以降34年間に34作品に出演している。

しかしながら、その中に西部劇は1本もない。

ケイリー・グラントと言えば
ダンディーなロマンスグレー、
世の男性の憧れの美人女優と
ロマンチックなラブシーンを展開した役者として名高い。
c0135543_181852100.jpg

「汚名」ではイングリッド・バーグマン、
「泥棒成金」ではグレース・ケリー、
「めぐり逢い」ではデボラ・カー、
「シャレード」ではオードリー・ヘップバーンと
羨むばかりの美女たちと戯れている。
c0135543_18192795.jpg

一方は、ロマンスには無縁、
馬上でピストルを乱射したランドルフ・スコット、
硝煙には背を向けてスクリーンで美人と
浮名を流したケイリー・グラント、
対照的な二人、実は大の仲良しだった。

具体的にはお互いにデビューした1932年から
12年間同居生活したほどの仲良しだった。
c0135543_1820228.jpg

こうなると、二人の仲はちょいとおかしいとの噂も
当然出てくるはずである。

ところが、不思議なことに、
ハリウッドらしくなくゴシップとして
派手に書き立てられなかった。

なんだか良く分らない。

これも、”縁は異なもの味なもの”と
言ってよいのだろうか???

実に”The odd couple”だ。
[PR]
by shige_keura | 2010-12-07 08:43 | | Comments(0)
<< イベントもここまでくると??? The odd couple ... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.