Top
我が青春の女神たち -不可思議なロンパリ女神ー
欧州映画の歴史を振り返ってみると
フランスとイタリアが両輪となって
引張って来たことは間違いないだろう。

両国以外、イギリス、ドイツも
名画を生んできたことは否定できない。

しかし、イギリスは歴史的に
映画を軽んじた風潮と
厳しい風土を反映してか
明るく楽しい作品が誕生しなかった。

又、ドイツについては
よく言えば真面目、悪く言えば面白みのない
国民性に因るものだろうか?
これまた楽しいドイツ映画を見たことがない。

そして、このシリーズのテーマである”女神”についても
映画と同様、イギリスとドイツには存在せず
専ら、イタリアとフランスにあこがれの君は多い。

しかし、フランスとイタリアの女神は違う。

イタリア女神は官能的美女が多いながらも
親しみやすさを感じる。

その一方、フランス女神は
美人度ではイタリアを凌駕しているが
全般的にツンとして近寄り難い雰囲気を醸し出している。

(ダニエル・ダリュー)
c0135543_15313287.jpg

古くはコリンヌ・リュシェール、アナ・べラをはじめ
ダニエル・ダリュー、ミシェル・モルガン、
アヌーク・エーメ、カトリーヌ・ドヌーブ等である。

(ミシェル・モルガン)
c0135543_15331437.jpg

フランソワーズ・アルヌールは数少ない例外、
可愛らしさの中に、どこか薄幸の影を引きずる彼女、
それは彼女の生まれ、即ちアルジェリアであることに
起因しているのでは無いだろうか。

(フランソワーズ・アルヌール)
c0135543_15335945.jpg

つまり、アルヌールは本当の意味のフランス人ではないのだ。

ここに、南仏の高級リゾート、ニースに生まれながら
私が親しみやすさを感じた例外のフランス女優がいる。

ただ、親しみやすさを感じたということは
決して彼女から強烈なインパクトを
受けたことを意味しているわけではない。

なんだか良く分らないままに
彼女の魅力にはまっていってしまったのだ。






当時といえば今から半世紀も前、
フランスの絶世の美男俳優、アラン・ドロンの
初めての作品が日本で公開された。
c0135543_1535402.jpg

そのタイトルは、「お嬢さんお手やわらかに」、
実に他愛も無く映画的に取り得の無い作品だったが
ドロンを巡って登場する三人の女優がキュートだった。
c0135543_1536690.jpg

パスカル・プティ、ジャクリーヌ・ササール、
そして、本日の主役のミレーヌ・ドモンジョである。
c0135543_1536525.jpg

ドモンジョは飛び切りの美人ではない、
セックス・アピールもあるにはあるが特上とは言えない。
c0135543_15372323.jpg

しかしながら彼女が発散している
フランス女優としては珍しい大らかで
健康的お色気がたまらない魅力だったのだろう。

そして、彼女の得も言われぬ魅力は
大きな声では言えたものではないが、
きっと、俗に言う”ロンパリ眼”から来ているに違いない。
c0135543_10254632.jpg

彼女は少女時代、目が悪く極度の斜視、
困難な手術によって良くなったとは言え
斜視は完治しなかった。

そのことが、映画女優としての
ドモンジョにとって幸いしたのではないだろうか?

彼女の映画はデビュー作、「サレムの魔女」以外
映画の質としては取るに足りぬ物ばかりだ。

「お嬢さんおてやわかに」しかり、
「悲しみよこんにちは」、「狂った夜」
「女は一回勝負する、そして”ファントマシリーズ”等、
はっきり言って駄作オンパレードである。

それなのに、何故か彼女は女神として
私の心に入り込んできたのだった。

ミレーヌ・ドモンジョ、
実に不可思議な女神である。
c0135543_1538655.jpg

尚、彼女は大変な親日家で知られ
今も続いている「ゆうばり映画祭」の
記念すべき第一回(1990年)のゲストスターとして
来日している。

又、2004年の日本映画、「東京タワー」でも
ゲスト出演している。
c0135543_1539094.jpg

いつまでも、お元気に
銀幕上であらぬ方向を見つめる眼差しで
我々を魅了して欲しい。
[PR]
by shige_keura | 2010-12-16 09:59 | | Comments(0)
<< 天気晴朗なれど・・・・・・ あの人を想うとき >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.