Top
冬の海辺 (鎌倉、束の間の滞在)
1月17日、朝8時をまわったころ、
相変わらずの冬型気圧配置だが
海の気配は昨日ほど酷くはないと
その時は思っていた。
c0135543_20533429.jpg

今日は鎌倉訪問と決めてある。

目的は二つあって
一つはカソリック霊園に眠る両親のお墓参り、
もうひとつは、和田塚にある鰻の名店、
「つるや」での昼食である。

どちらの方が優先度が高いか?

それは、もちろん前者に決まっている。

ところが、朝比奈峠から八幡宮に抜ける道が
月曜日にもかかわらず渋滞が激しく
まずは鰻屋直行となってしまった。

何故なら、鰻屋で待たされることを避けて
あらかじめ12時に注文しておいたのだ。
c0135543_20545190.jpg

鰻の老舗、「つるや」はかつての大女優で
当時鎌倉山在住、田中絹代の
ご贔屓店としても有名である。
c0135543_20552742.jpg

もともと、味のほうも評判が高かったのだが
昨年、ミシェランの一つ星がついたことで
その人気に拍車がかかることとなた。
c0135543_20561083.jpg

しかしながら、その名声に胡坐をかくことなく
サービスもきちんとしており
味も満足のゆくものだった。
c0135543_20571359.jpg

中でも、鰻の白焼きを
山葵と塩で食べさせる趣向は
鰻そのものの旨さがあってこそのものだった。
c0135543_20581226.jpg

鰻は焼き方、タレの味付けで
人の好みは千差万別であるが、
私の独断と偏見のランキングは以下の通り。

別格が南千住の”尾花”
続く大関格が築地の”宮川”と鎌倉の”つるや”。

少し離れて飯田橋の”石橋”、
評判ほどではないと思うのが
”野田岩”と”竹葉亭”になるのかな?





さて、墓参りを忘れてはいけない。
c0135543_2135422.jpg

二階堂にあるカソリック霊園、
そこを過ぎて程なくの処にあるのが
花の寺として名高い”瑞泉寺”だ。
c0135543_2132338.jpg

この寺には忘れられぬ思い出がある。
c0135543_2145641.jpg

それは、今から55年ほど前、
祖父がこの寺で法要を執り行った時のことだ。
c0135543_21164035.jpg

東京に越してから、久しぶりの鎌倉の寺、
境内に沢山の白色レグホンが
花々に囲まれて餌をついばんでいた。
c0135543_21175543.jpg

古寺に花々に鶏、
印象的な光景だった。
c0135543_21185841.jpg

このときの法事がどのような趣旨かは
さっぱり思い出せないが
とにかく、読経がえらく長く
足が痺れに痺れ辛い思いをした。
c0135543_21192827.jpg

更には、どういうわけか
僧侶のしぐさが滑稽で
今度は笑いを堪えるのに
痺れ以上の辛い思いをした。
c0135543_2120714.jpg

それだけ辛い思いをした後の精進料理!
子供には旨くもなんともないものだった。
c0135543_21204015.jpg

今となってはバカバカしいが
何故か忘れられぬ思い出となっている。
c0135543_21225564.jpg

瑞泉寺を彩る多くの花のなかでも
もっとも名高い梅には一瞬早かったが
水仙、黄梅、南天、寒椿等が
ひっそりと咲いていた。
c0135543_21233088.jpg

束の間の鎌倉散歩、
風もなく穏やかだったのはここまで、
帰った佐島の海は強い西風にあおられ
波が逆巻いていた。
c0135543_21243183.jpg


c0135543_21251273.jpg

澄み切った空、清冽な空気、
今日も富士山の雄姿が彼方にそびえている。
c0135543_212664.jpg

一体この厳しい冬の天候は
いつまで続くのだろうか?
[PR]
by shige_keura | 2011-01-31 08:50 | | Comments(0)
<< 冬の海辺 (鮨と大福) 冬の海辺 (三浦大根土俵際) >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.