Top
冬の海辺 (仇討成就か?返り討ちか?)
1月15日、土曜日、
吾等にとっては足掛け2年越し、
待ちに待ったカワハギ仇討の日だ。

               (前日からトレーニングに励む娘婿殿)
c0135543_20334523.jpg

思えば昨年12月
荒天のためカワハギ船釣りを断念した
あの悔しい思いが報われる機会が来た。

孫を入れた総勢5名、
向こう鉢巻、襷掛けの想い、
まなじりを決して釣り船に乗り込んだ。
c0135543_20363116.jpg


c0135543_20371459.jpg

陸上ではほぼ感じなかった風、
これが沖に出るほどに強さを増してきた。
c0135543_20381618.jpg

風上に向けて漁場に向かう船は
風にあおられ舳先を持ち上げられるや
浪間に沈み込んでいく。
c0135543_20392993.jpg

「サー、竿を下してーーー」
船頭さんの声が響いてから30分、
ふと後ろを振り返ると
釣ってる筈の人の姿がない。
c0135543_20401995.jpg

「あれ、どうしちゃったんだ?」

良く見ると、最近釣りに凝っている娘婿が
船底に横たわっている。

その直後、孫が蒼い顔して崩れ落ちる。
c0135543_20405956.jpg

典型的な船酔い伝染症候群、
ダウンを免れたのは感度の鈍い爺二人。

これでは釣りにならない、
船は長井の港に向かってUターンした。

一度ならずに二度までも
釣りの女神にそっぽを向かれてしまった。

次は、「三度目の正直」となるか?
「二度あることは三度」となるか??
c0135543_20415189.jpg

               (場所を変えた秋谷の堤防釣りも
                強風と高波で釣りにならず)
c0135543_20444463.jpg







こうなると釣果は魚屋に頼らざるを得ない。

返り討ちにあったカワハギをはじめ
金目鯛、鯵、アオリ烏賊を佐島の魚屋で
手巻きの主役マグロを専門店で求め夜に備えた。

生後1か月の赤子も入れて
総勢11名の賑やかな晩餐が始まった。

最初は包丁さばきを見ていた
逗子の釣り名人がたまりかねて
包丁を手に持った。
c0135543_223574.jpg

c0135543_2046274.jpg

この男は顔に似合わず、
昔から刃物、飛び道具には目がないのだ。
c0135543_226923.jpg

皆はお手並み拝見、
「流石ーー!てーしたもんだ!!」
c0135543_20464238.jpg

私は到来物の佐賀の大吟醸を常温で呑りながら
カワハギ等の新鮮な海の幸をつまむ。
c0135543_2281127.jpg

流石、金を出して買った魚は旨い!!
c0135543_20481816.jpg

手巻きずしの為に2回に分けて用意した
一升飯があらかた無くなってしまった。
c0135543_20484167.jpg

Nowhere but Sajimaの宵は
賑やかに更けていった。
c0135543_20495314.jpg

漆黒の闇に包まれて
夜更けのオールドパー、
オンザロックがことのほか喉に効いた夜だった。
[PR]
by shige_keura | 2011-01-26 16:07 | | Comments(0)
<< 冬の海辺 (極上のフルーツ) 冬の海辺  (Nowhere ... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.