Top
馬場は近いか?遠いのか? -1-
今を去ること175年前、
天保7年の今日、2月11日(旧暦)
江戸市中を騒がせる事件が起こった。

この事件は一人のヒーローを生み、
彼は小説はもとより、舞台に映画に
そして講談に取り入れられ
今に語り継がれていった。

事件が起きた場所は高田馬場!

と、なれば御明察の通り
堀部(当時は中山姓)安兵衛、
獅子奮迅の助太刀で有名な「高田馬場の血闘」である。
c0135543_10252941.jpg

私の小学校当時の話だが
鞍馬天狗、丹下左膳、旗本退屈男、等と違って
安兵衛は実在の人物だけに
若干、身近に感じられた。

「安兵衛は強いんだぜ、
 ”高田馬場”で18人も切り倒したんだから!!」

「そーか!そりゃ強えな!!
 でも荒木又衛門は”鍵屋の辻”で36人も叩き切ったんだって!」

「36人!!そいつはすげーー!!!」

安兵衛の18人切りは、
勿論、後で作られたものだが、
実際に3,4人もの敵を倒したのだから
稀に見る剣の使い手であったことは確かだ。

安兵衛はその後、堀部家に養子に入ったことが縁で
日本を揺るがす大事件、”忠臣蔵”の中心人物となっていく。

元禄15年12月14日、
日本人の大好きな吉良邸討ち入りの時
安兵衛は内蔵助の信頼厚き同志として活躍する。

こうしてみると、安兵衛こそ
”日本一の仇討男”と言って過言ではないだろう。

私にとって紙芝居をはじめ
映画に小説に慣れ親しんだ”高田馬場の血闘”だが
実はずっと疑問に感じていたことがあった。

その原因となったのが
八丁堀そばにある亀島橋の袂の石碑である。



c0135543_10263679.jpg

亀島橋の袂の碑、「堀部安兵衛武庸之碑」には
概ね次のようなことが記されている。
c0135543_1027158.jpg

「越後、新発田藩、中山弥次郎右衛門の子、
 元禄元年より江戸堀内道場に通う。
 元禄7年2月高田馬場仇討助太刀後も
 京橋水谷町の儒者、細井次郎家に居候。
 その後、堀部家に養子として入り妙と結婚するが
 忠臣蔵、四十七士の一員として活躍する。
 34歳没、法名、刃雲輝剣信士」

碑文を読む限り
仇討当時、安兵衛は京橋に住んでいたと理解される。

さて、お立会い!パパン、パン、パン・・・
講談のお話しは次の通りだ。

安兵衛の叔父、伊予藩士、菅野六郎左衛門が
同藩の村上庄左衛門とぬきさしならぬ関係となり
2月11日の早朝、果たし状を受け取ってしまう。

そこには、当日の昼の刻
”高田の馬場で待つ”としたためられていた。

叔父は事の次第を安兵衛に告げに赴くが
安兵衛不在でやむなく書置きを残して立ち去る。

酒豪の安兵衛、いつものように朝帰り
一眠りして書状を開けたときには
既にお天道様は頭の上!!

「しまった!!」

安兵衛、大刀小脇に
高田馬場に向ってまっしぐら。

世に有名な”ひた走る安兵衛”である。

途中、喉の渇きを癒す為
枡酒をぐいっとひと呷り、
高田馬場に入った丁度そのとき
まさに血闘の火蓋が切って落とされていた。

そこから、安兵衛の活躍となるのだが・・・・・
c0135543_1028131.jpg

ちょい待ち! ちょっと待った!!
いくら講談とは言え、ちょいと奇妙ではないか?

何故ならば、安兵衛の住まいは八丁堀に程近く、
彼が事の次第に気付くのが
すでにお天道様は頭の上なのだ。

八丁堀から高田馬場まで
現代でも地下鉄メトロで
茅場町乗換えで日本橋、大手町、神保町、
九段下、飯田橋、神楽坂、早稲田ときて
漸く高田馬場、計9駅目である。

電車利用でも現場到着には
30分程は要する行程だ。

ましてや安兵衛が”ひた走った”当時、
道中には江戸城がでんと構え大きく迂回を強いられる。

いくら安兵衛健脚といえども
待ち受けるは一声10キロ!

到着の頃には仇討はとっくに終わっていたことだろう。

更には、途中で枡酒でも呷ったならば
それこそ仇討どころではないだろう。

長らく抱えていた疑問、
それがつい最近、漸く分ってきたのだが・・・・

この続きは次回のブログにて。
[PR]
by shige_keura | 2011-02-11 21:08 | | Comments(0)
<< 馬場は近いか?遠いのか? -2- 梅の季節に梅供養 -後編ー >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.