Top
寒の戻りの昼食は?
「寒の戻り」と言うには若干早いかも知れぬが
お雛祭りも過ぎた7日の朝
窓外は春の雪が舞っている。

今年になって初めて軽い花粉症になった私にとって、
底冷えで花粉の心配が無いほうが良いのか?
晴れても鼻がグズグズする方が良いのか?

全くもって困ったものだ。

寒い日の一人の昼食、
久しぶりのコーンビーフを
これまた久しぶりのホットサンドで味わおう。
c0135543_1048590.jpg

子供の頃、コーンビーフは贅沢品、
数ある缶詰の中にあって垂涎の的だった。

ましてや舶来物の”リビー”だったりすると
それはまさに宝物の如き逸品!
牛肉の大和煮とは魅力の度合いが段違いだった。
c0135543_10441189.jpg

”リッツ”のクラッカーに
生のコンビーフをナイフで切って載せただけ、
それだけで満足だった。
c0135543_1045044.jpg

しかし、このコーンビーフ、
名前の由来が分らなかった。

最初に誰でもが思うのが
トウモロコシ(コーン)との関係?

しかし、どう考えてもトウモロコシとは関係ない。

次に、私が漠然と思ったのが
Canned Beef(缶詰の牛肉)を
日本ではコーンビーフと言っているのではないかであった。

これも違った!

これが、Corn(粗塩)が由来、
塩漬けの牛肉(Corned Beef)と判明したのは
高校生時代の頃ではなかったか?





何の変哲もないトーストパンに
コーンビーフを塗っていく。
c0135543_1047107.jpg

懐かしのコーンビーフの匂いが食欲をそそる。
c0135543_10495892.jpg

次に、細めにきったピーマンとタマネギ、
その上にとろけるチェダーチーズを載せていく。
c0135543_1050393.jpg

サイズも厚みも超特大!
ホットサンド電熱器から耳がはみ出ている。
c0135543_10512948.jpg

待つこと暫し、ほのかな煙と共に
良い香りが立ち上ってきた。
c0135543_1052744.jpg

包丁でサクッと切ると
トローリとチーズが流れでてくる。
c0135543_10524797.jpg

こうなりゃ、あとは頬張って食べるだけ、
こういう時には苦めのブラック・コーヒーがピッタリだ。
c0135543_10532773.jpg

外の雪はいつの間にか氷雨に代わっている。

テレビは前原外務大臣の辞任を伝えている。

前原と言えば国民がとりあえず選ぶ
次期首相候補ナンバーワンである。

本人の不注意も責められようが
辞任するほどのものだろうか?

こんなことで時間を無為に使うより
政策論争で白熱した論戦をして欲しいものなのだが・・・・

私としては前原の外務大臣としての力量を
もうすこし見極めたかったと残念な思いがする。

政治の世界は今日の天気より酷い。

そんな馬鹿げたことには係わっていられない、
こちらは美味しいホットサンドを心ゆくまで味わおう。

「旨えーーー!!!」
[PR]
by shige_keura | 2011-03-10 08:33 | | Comments(0)
<< 偽物でも真実か??? 温厚なるファイトマン >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.