Top
Butabara Night and Day
標題の意味は、
豚のバラ肉料理を夕食と翌日の昼食、
即ち、Night and Dayで食べたと言うことである。

爺の年齢を考えれば
豚肉ならばバラ肉はもってのほか
ヒレをはじめできるだけ脂身を避けるべきである。

理論的と言うか医学的に
頭では分ってはいるが胃袋が言うことを聞かない。

トンカツならばヒレよりもロース、
豚肉は脂の旨さを味わねばならない。

3月某日、厨房長のお役目が久しぶりに廻ってきた。

この日を見越して前々から試してみたい料理があった。

題して、”豚バラ肉と葱のカツオ出し汁煮”である。

この料理が私の眼を引いたのは
カツオの出し汁を使うこと!
豚肉と一緒に煮るのがタマネギと長ネギ!!
更には薬味に塩を効かせた長ネギの微塵切りのみ!!!
調味料は塩以外は何も使わないこと。

このようなユニーク性にあったと言ってよい。

何しろ、タマネギと長ネギを一緒に煮て
葱のみじん切りを薬味として使う、
まさに、ネギ、ネギ、ネギである。
c0135543_14251365.jpg

これだけネギを食べれば風邪の予防にもなるだろうし
ひょっとすると頭も良くなるかもしれぬ???
(そりゃ、手遅れだ)




土鍋に豚バラ肉を並べていく。
c0135543_14254856.jpg

年寄り夫婦二人だから250グラムもあれば良いだろう。

その上にタマネギ1個分と長ネギ1本を
食べやすいように切って並べる。
c0135543_14262459.jpg

そこに、ひたひたにかぶさるように
予め用意したカツオだし汁を注ぐ。
c0135543_14265267.jpg

ネギの食べ頃を見計らって
ネギ塩のタレで食べる。

濃厚な豚バラがネギと塩タレで中和され
さっぱりとした味に仕上がっている。

もっと、ネギを入れても良かったかも知れぬ。

翌日の昼食は、残っている出し汁から
白く浮いた脂分を取り除き、
豚バラ丼として活用した。
c0135543_14272018.jpg

彩と味付けにネギの青い部分と
もみ海苔を散らして食べる。
c0135543_14274668.jpg

昼からどんぶり飯の完食となった。
c0135543_14281159.jpg

夕食は控えめにしよう。
(と、この時は思ったが、夕食時は忘れ果てていた)
c0135543_14282722.jpg

[PR]
by shige_keura | 2011-04-11 08:36 | | Comments(0)
<< 線で見て、線を斬る 自粛の花見 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.