Top
思い出の二人”クープ”と”デューク” -3-
「ミスターアメリカ死す!」
c0135543_1030584.jpg

これは1979年、ジョン・ウェインが肺がんのため
72歳でこの世を去った時の新聞の見出しである。

「強さの象徴」、「力の誇示」、これが彼のキャッチ・フレーズ、
それは、とりもなおさずアメリカそのものだった。

ウェインの画像を検索すると
顕著に彼の姿が浮かび上がる。
c0135543_10323930.jpg

数ある彼の紹介画像」、
そのほとんどが無敵の西部のヒーロー、
そして頼りがいのある軍人姿である。
c0135543_10333893.jpg

彼は長い映画人生で合計154本の作品に出演しているが
西部劇が79本と半数以上占める。
c0135543_10342698.jpg

更に「史上最大の作戦」をはじめとする戦争、軍隊もの、
c0135543_10351873.jpg

それ以外でのジャンルで思い浮かぶのは
「静かなる男」ぐらいである。

「静かなる男」はジョン・フォードが
緑滴る故郷アイルランドを舞台に
心ゆくまで彼の思い入れを描いた
微笑ましいヒューマンドラマである。
c0135543_1036092.jpg

この作品でデュークは
アメリカから故郷に帰った朴訥なアイルランド男を演じ
相手役、モーリン・オハラと絶妙な夫婦を演じ
彼の新たな一面を見せてくれた。

デュークのベストスリーは
この「静かなる男」と
「駅馬車」、「黄色いリボン」となる。




一方、「アメリカの良心」の象徴、
誠実で温かなパーソナリティで
ファンを魅了したのがゲイリー・クーパーだ。
c0135543_10413234.jpg

この分け方が妥当かどうか?
若干疑問には感ずるが
”剛”のデュークに対し”柔”のクープになるのだろう。

如実に二人の違いが表れるのがネット画像、
クープの画像は西部男と並んで
親しまれる男として数々の女優とのツーショットが多い。

「モロッコ」では大姉御マレーネ・デートリッヒと、
 最後は酒場の彼女が彼を追って砂漠へ走り去っていく。
c0135543_104216.jpg

「誰がために鐘は鳴る」ではイングリッド・バーグマンと、
 ”鼻が高くて接吻しにくいわ”は有名なせりふ。
c0135543_10422927.jpg

「打撃王」ではルー・ゲーリックに扮し
 病に冒された夫を支えるテレサ・ライトと共演。
c0135543_10451223.jpg

「摩天楼」は一徹な設計家に扮しパトリシア・二ールと、
 このとき、クープは生涯でただ一度
 離婚の危機にさらされ、ゴシップだねとなった。
c0135543_10454055.jpg

「昼下がりの情事」、世界的プレーボーイに扮し
 ふたまわりも年の違う、オードリー・ヘップバーンと
 パリを舞台に恋を語らう。
c0135543_1046514.jpg

そのほか、「平原児」、「オペラハット」のジーン・アーサー、
「真昼の決闘」のグレース・ケリー、
「悪の花園」ではスーザン・ヘイワード、
そして遺作、「六年目の疑惑」ではデボラ・カー、
並みいる大女優を相手にしたクープ、
彼は稀有のオールラウンドプレーヤーだった。

ここで、クープの演技について
これ以上信頼できる人はいないと思われる人の論評を紹介しよう。

その人の名前は故リー・ストラスバーグ。

今でも俳優養成学校として名高い
”アクターズスタジオ”の校長として
マーロン・ブランド、ジェームス・ディーン、
ポール・ニューマン、数々の名優を育てた人だ。
c0135543_10523874.jpg

彼は言う、「クーパーほどカメラの前で自然体の俳優を見たことがない。
余りにも自然なので時として頼りなく感じてしまう。
そこが相手俳優の誤解するところで
撮影中、多くの俳優はクーパーより芝居が上手いと思いこむ。
ところが、完成した画面を見た途端
それは彼らの間違いだったことを思い知らされる」
c0135543_10525996.jpg

最後に、独断と偏見のクープベストスリー。

「真昼の決闘」と「昼下がりの情事」は当確、
三番目の候補が・・・・・・・・
「オペラハット」、「打撃王」、「平原児」、
「友情ある説得」、「ベラクルス」・・・うーん、難しい

ともあれ、二人はハリウッドが
最もハリウッドらしい輝きを放っていた時、
その頂点に君臨した大スターだった。
[PR]
by shige_keura | 2011-04-01 07:45 | | Comments(0)
<< 花の雲、鐘は・・・・・ 思い出の二人 ”クープ”と”デ... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.