Top
本物を超えて?? ー迫真の場面ー
映画も色々なジャンルに分けられる。

昔、慣れ親しんだ西部劇初め、
ミステリー、戦争、恋愛、歴史・・・・・
様々な分野で素晴らしい作品が生まれてきた。

そのなかのひとつのジャンルに
スポーツを扱ったものがある、。

実在の或いは架空のスポーツ界のヒーロー、ヒロインを中心に
感動、或いは笑いをもたらせてくれる人気ジャンルである。

さて、映画化されるスポーツにも様々あるが
数の多さと面白さで言うならば
野球とボクシングが双璧である。

野球をテーマにした映画と言えば、
古くはゲイリー・クーパーの「打撃王」をはじめ
「ナチュラル」、「フィールド・オブ・ドリームス」、
「くたばれヤンキース」、「メジャーリーグ」等
シリアスな作品、愉快な映画、ミュージカル、
いずれも傑作が並ぶ。
c0135543_8531010.jpg

         (右、クーパー扮するゲーリックと左、ベーブ・ルース)

一方の、ボクシングだって負けてはいない。

シルベスター・スタローンを一躍有名にさせた「ロッキー」をはじめ
「レイジングブル」、「若者のすべて」
「ミリオンダラー・ベイビー」これまた秀作がならぶ。
c0135543_8535913.jpg

ボクシングと野球、
映画的な出来は甲乙つけがたいが
野球映画がどう頑張ってみても
ボクシング映画に敵わない所がある。

それは画面で映し出される
試合の迫力の違いである。





実際に野球ならばグラウンドでのプレー、
ボクシングならばリング上での場面を比べてみよう。

ボクシングの方を見てみると
役者の演技が実に上手で迫力満点、
一方の野球映画の場合は
投打ともに野球選手になりきれていない。

例えば、「打撃王」を取り上げてみよう。

この映画はオリジナルタイトル、
「The pride of the Yankees」の通り
野球人としての技量のみならず
一般人としても見識高く尊敬された
鉄人、ル-・ゲーリックの自伝的作品だ。

映画としての質は素晴らしいのだが、
唯一の欠点はゲーリックに扮したゲイリー・クーパーの
野球姿がおよそお粗末なことが興を削いでいることだ。
c0135543_855536.jpg

「ナチュラル」のロバート・レッドフォード、
「くたばれヤンキース」のタブ・ハンター、
皆、多かれ少なかれ同じような欠点が目につく。

その点、迫力満点で実際の試合より
余程面白いと思わせるのがボクシング映画である。
c0135543_8553432.jpg

極端にいえば、実際の野球を超えないのが野球映画、
ボクシングは映画の方が本物を超えている。

その典型的な作品が
現在公開されている「ザ・ファイター」である。

これは、実在のボクサー、
ミッキー・ウォードとディッキー・エグランド、
異父兄弟の物語である。

兄のディッキーはかつて
黄金のミドルの頂点に君臨した
シュガー・レイ・レナードをダウンさせたことある実力者。

弟は兄に対して様々な鬱積した想いはあるが
彼のボクシングに対する分析と意見は尊重している。

その兄弟に二人のしたたかな女性が絡む。

ひとりは、兄弟の母のアリス、
ミッキーの辣腕マネジャーとして
金の為なら平気で息子を”噛ませ犬”に仕立てる。

方や、ミッキーの恋人、シャリーン、
学歴は何の役にも立たず
しがないパブで男を呼ぶための女として働いている。

この4人が軸となって話が展開していく。

4人の役柄に徹した演技は素晴らしいが
中でもアカデミー助演、男、女優賞を取った
クリスチャン・ベール(ディッキー役)と
メリッサ・レオ(アリス役)は特筆に値する。

そして、見ものは3回出てくるボクシングの場面で、
勿論、ご都合主義的な所はあるが
試合の迫力がその欠点を吹き飛ばせてくれる。

こういうスカッとした映画を観賞するに
まさに相応しい時期なのかもしれない。
[PR]
by shige_keura | 2011-04-13 21:05 | スポーツ | Comments(0)
<< 魔物の存在 線で見て、線を斬る >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 06月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.