Top
根拠ある希望  -5ー
本シリーズ最終回のタイトルは
根拠ある”楽観”を”希望”に変更した。

何故なら、リーダーが国民に対して発する声は
力強く、「根拠ある希望」に満ちたものでなければならないからだ。

今回の大震災に際して
日本のリーダーから国民への
力強い決意表明が極めて重要である。

 しかしながら、その表明は
 国民に向けて単なる「がんばろう!」的なものではなく
 「根拠ある希望」を土台にした
 心に沁み渡る、思想的に深みのあるものでなければならぬ。

 技術に対する過信が震災によって打ち砕かれた、
 更には、よもやと思った「多重防御」システムが機能しなかった、
 これらを整理した将来の課題を提示すること。

 新たな問題意識と柔軟な構想力で
 復興と創生の流れを作っていくことへ決意表明すること。

日本だけではなく世界に対しても
今回の震災、大事故に対する援助への感謝と
こんごの日本の進む道をきちんと表明することが重要だ。

さて、最後に今後の日本社会の空気がどうなるのか?

大正期、関東大震災によって生まれた状況と照らし合わせると
一抹の危惧が生まれてくる。

 
 



関東大震災と今回、
非常に似通った状況があぶりだされてくる。

・メディア環境
 関東大震災時はラジオ放送開始直後、
 ほぼ新聞のみのメディアの中で流言飛語の温床となり、
 朝鮮人暴動の噂に怯え、約6000人の虐殺事件勃発した。

 このときの状況を芥川龍之介が
 「大震災記」の名で中央公論に寄稿している。

 「僕の所見によれば、善良なる市民というものは
  ボルシェビキと○○○(伏字、朝鮮人の意)との
  陰謀の存在を信ずるものである。
  もし、万一信じられぬ場合は
  少なくとも信じている顔つきを装わねばならぬものである」

 現在は携帯とツイッタ-で日本国内にとどまらず
 国を超えて流言飛語が大規模に様々に飛び交っている。

 考えようによってはメディアの革新的進歩は
 関東大震災時に比べ遥かに大きい
 流言飛語のスケールを生み出している。

・政治状況
 1923年8月(関東大震災直前)に
 海軍長老、山本権兵衛に首相としての大命が降下された。

 これは国民の政友会、憲政会、二党制に対する幻滅感から
 挙国一致内閣として誕生したものだった。

 今回も国民は既成政党に大きな不信感を持ち
 大連立が囁きから現実性を増して行く中で大震災に襲われた。

関東大震災は「大正デモクラシー」の息の根を止めたと言われている。

即ち、大震災の僅か14年後、1937年に盧溝橋事件勃発、
18年後に真珠湾攻撃と次第に軍靴の音が高まっていった。

今回、大震災後の一抹の危惧は
国民の不安の心理が「力への願望」
”ファシズム”につながる危険があるということだ。

メディアの論調も
「挙国一致と個々人献身の覚悟」の大合唱となっている。

第二次大戦さなかの掛け声、
「欲しがりません勝つまでは!」、
これと同じことが繰り返されることが怖い。

「そんなこと起こるわけはない!」
言下に否定することはできない。

何故なら、今では誰もが信じられぬという
アメリカに対し世界に対し戦争を仕掛けたのだから。

「根拠ある楽観」の締めとして
寺島さんの講演終了時の言葉をそのまま紹介する。

「私は1947年生まれ、鳩山由紀夫と同じ、
 管直人、仙石由人は1946年生まれ
 谷垣貞一は1945年生まれ。

 みんな、酷い苦労もせずに少年期を過ごし
 高度成長のときには中間管理職として
 いい目を見てきた人たちばかりだ。

 結局のところ、荒波に揉まれた事のない団塊の世代、
 つまりは他愛のない中高年が、このままだと
 他愛のない老人になりかけている。
 
 このまま他愛の無い老人で朽ち果ててはいけない!
 いまこそ、リーダーの真の存念が問われている!!」

参考:経済倶楽部講演会 4月1日
   寺島実郎 「日本の構造転換ー大震災を踏まえて」
[PR]
by shige_keura | 2011-04-08 07:34 | その他 | Comments(0)
<< 自粛の花見 根拠ある楽観  -4- >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.