Top
自粛の花見
お馴染みの落語の一席に、「長屋の花見」がある。
c0135543_22314342.jpg

大家さんに呼び出された店子一同
溜まっているタナ賃の催促かと戦々恐々、
ところが、皆で花見に行こうじゃないかとのお誘い。

熊さん、八さん、一同大喜びしたまでは良かったが、
貧乏長屋のわびしさで、お酒の代わりに薄めた番茶、
大根を蒲鉾に見立て、玉子焼はタクワンで代用、
緋もうせんならぬムシロを敷いていざ花見。
c0135543_22344859.jpg

”酒盛り”ならぬ”茶か盛り”では
気勢が上がらず、やけのやんぱち。

「長屋じゅう歯を食いしばり花見かな」、
自虐の俳句が飛び出したり、

「おい見ろい!酒に茶柱が立ったぜ!!」
「この玉子焼は、どうにもこうにも歯ごたえが・・・
 堅くて噛み切れねーーー」
ハチャメチャのなかに噺は進んでいく。
c0135543_2236283.jpg





さてさて、今年は大震災の影響もあって
お花見は自粛ムードが横溢するなかで
東京も桜は見ごろとなってきた。
c0135543_22382048.jpg

「ちょいと、ご隠居さん、
 今年は花見をしちゃいけねーっていうのは
 本当ですかい?
 見ちゃいけね-、たって
 こんだけ咲いてりゃ見えちゃうんですがねー
それとも、目隠しでもして歩けって、事ですかね?」
c0135543_2240173.jpg

「そうじゃないよ、熊さん、
 見えるものは見りゃいいんだよ。
 ただおまえさん、例によっての酒飲んで放歌高吟
 騒ぎまわるのはおよしよ、ってことですよ」
c0135543_22413934.jpg

「酒ったって、こちとらはなから
 薄めた番茶しかねーんだから、
 おとなしく花を愛でるのは構わねーんでしょう?
 そうでもしなけりゃ綺麗に咲いた花が浮かばれねー、ってもんだ」
c0135543_22422536.jpg

「おや!熊さん、どうしたんだい!!
 お前さんらししくなく、マトモなことをお言いだねー」
c0135543_22435485.jpg

それから数日後、
c0135543_2245793.jpg

「ご隠居さん行って来やした、お花見に」
c0135543_22595790.jpg

「そりゃよかった、何処へ行っておいでだね?」
c0135543_22472453.jpg

「手近なとこで新宿御苑でさーー」
c0135543_22481100.jpg

「近いったって、お前さん、
 新宿御苑と言えば、”日本さくら名所100選”に名を連ね
 1300本以上の桜の木があるんだから
 そりゃ綺麗だったろうねーー
c0135543_22483337.jpg

 それにね、御苑の元をただせば信濃の高遠藩、
 内藤家の下屋敷、高遠って言えば
 高遠桜で有名な桜の名所なんだから
 はなっから、桜には縁があるんだよ」
c0135543_22491028.jpg

「そりゃ凄え!それにしてもご隠居さん、
 流石、りゅうせき、ながれいし、良く知ってなさる!!」
c0135543_22493526.jpg

「馬鹿なことお言いじゃないよ、
 ところで、咲き具合はどうだったんだい?」
c0135543_22501626.jpg

「8分咲きってところかね、
 いや、それにしても桜って一口に言ったって
 随分といろんな種類があるってもんで・・・」
c0135543_22521470.jpg

「そりゃ、桜は日本の花、”花は桜木、人は武士”なんて言ってね、
 種類もざっと見積もったって50は下りゃしませんからね」
c0135543_22535100.jpg

「そりゃ、どうりで!!!!
 しかし、桜ってやつも”おなご”みてーに、
 ほんのり薄化粧から、艶っぽい紅の色から、
 年の頃も若ええのから年食ったやつまで、
 ”吉野太夫”なんて、まるで花魁みてーのがあるんですね?」
c0135543_2254588.jpg

「それを言うなら”染井吉野”だ。
 こいつはね、もとも吉野山の桜を
 お江戸の染井で育成したのが名前の由来ってわけだよ」
c0135543_22545724.jpg

「なるほど、そうですかい、
 ですけど”年増桜”なんて婀娜っぽいのもありましたぜ」
c0135543_22554236.jpg

「何?年増桜だ???
 ははーん、そりゃ”大島桜”の間違いだね、
 お前さんも相変わらずだね、全く、
c0135543_22562350.jpg

 だけど、熊さん、おまえさんだって
 お花見すりゃ気持ちは和むし良い気持ちだったろうね」
c0135543_22565417.jpg

「そりゃ、その通りよ!ご隠居さん、
 江戸時代は”長屋の花見”
 平成の世は”自粛の花見”よ!ウイ――ッ!!」

「どうしたんだい? おまえさん」

「いやどうもこうも、
 番茶の飲み過ぎで二日酔いになりました」
c0135543_22571724.jpg

おあとが宜しいようで、
c0135543_2315777.jpg

尚、本ブログの画像は
4月6日、汗ばむ陽気の新宿御苑にて撮ったものである。

 
 
[PR]
by shige_keura | 2011-04-09 07:28 | | Comments(0)
<< Butabara Night ... 根拠ある希望  -5ー >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.