Top
仏・伊合作
ラタトゥイユ(Ratatouille)、
フランス南部、プロバンス地方の避暑地、ニースを中心に
古くから伝わる野菜煮込み料理だ。
c0135543_945160.jpg

プロバンス地方は気候温暖にして太陽の恵みも豊か、
ならば、この地で採れる野菜の旨さは抜群!

欧州内ならば、フランスのプロバンスと
イタリア南部、特にシチリア島が
野菜の美味しさでは双璧と言ってよいだろう。

ラタトゥユの野菜で必須はトマト、
それ以外はタマネギ、パプリカ、セロリ、ナス、ズッキーニ等を
ちょっぴりニンニクを効かせて煮込んでいく。

温めて食べるのも良いが
夏の暑いとき、冷蔵庫で冷やしたラタトゥユを
堅めのパンに載せて食べるのも大変美味しい。

尚、ラタトゥイユの名前の由来は
Touiller(かき混ぜる)と
フランスでの軍隊言葉である
Rata(ごった煮)が合わさったものである。

4月某日のお昼、
次女が孫を連れて所用でやってきた。

丁度、冷蔵庫には野菜各種が眠っている。

人数は3人、鍋一杯にラタトゥユを作り
スパゲッティと合わせてみよう。

これは絶対に旨いに違いない!




先ずやるべきことは、
当たり前だが野菜をとにかく切っていく。
c0135543_9455687.jpg

味だしにベーコンンも少々切りそろえる。
c0135543_9462349.jpg

いやはや、目の前は見る見る間に
野菜がうずたかく積まれていった。

タマネギ、ピーマン、ナス、
ズッキーニ、ニンジン、そしてニンニク、
残念ながらセロリは無い。

ニンニク、タマネギ、ベーコンを先ずは炒め
頃あいで残りの野菜をすべて投入し
暫くは蒸し煮状態にして味を出す。
c0135543_947461.jpg


c0135543_9472756.jpg

そこに、水煮のトマト、ひと缶を入れて煮込んでいく。

味付けは塩と胡椒にスープの素をヒトかけ。

野菜の煮込みの旨そうな香りが漂う中
スパゲッティも茹であがった。
c0135543_9475792.jpg

皿に盛って、最後の決め手パルメザン・チーズをたっぷりと。
c0135543_9481152.jpg

春は野菜が美味しくなる時期
まさに季節に相応しい一品である。
c0135543_9483423.jpg

3人で370グラムのスパゲッティ
鍋に一杯のラタトゥイユがほぼ空になった。
[PR]
by shige_keura | 2011-04-26 08:36 | | Comments(0)
<< 春浅き湖畔 二人の天才好き嫌い -2- >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.