Top
夏はネバネバ
久しぶりに厨房担当となったのが7月某日。

さて、何を作ろうかな??

ふと、開いた日経新聞、土曜版、
そこには数年前、サクランボ狩りで山形に行った時に
初めて出会った食材が掲載されていた。

その名前は”ダシ”、
と、いっても東京で意味するダシ汁とは違い
様々な野菜の小さな角切りに
醤油、酒で味付けしたシンプルなものだ。
c0135543_9164810.jpg

様々な野菜と言っても
キュウリとオクラが中心選手で
その”ネバネバ”と”しゃきしゃき”の
取り合わさった食感が食欲を増進する。

この郷土色豊かな食材は
変な東北弁を操るダニエル・カールによって
あまねく知られることとなっていった。

ところが、山形では美味しかったダシが
何故か東京で販売されているものは別物となる。

それは、化学調味料が多量に含まれているからだと思うが
食べていて飽きてしまうのだ。

ならば、新聞通りに我が家で作ってみよう。





用意した野菜は、キュウリとオクラのほか
ナス、ミョウガ、大葉・・・・・
こんなものでよいだろう。
c0135543_9172629.jpg

ナスは5分水に漬けあく抜きをする。

あとは、キュウリとともに2,3ミリ角に切っていく、
これが慣れぬ爺にとっては単調で時間のかかる作業だ。

オクラは沸騰したお湯にさっとくぐらせたあと切りそろえ
ボールにあけてかき混ぜることでネバネバ感を出す。
c0135543_9181284.jpg

他の野菜も入れて更にかき混ぜていくと
どんどん、粘りっ気が出てくる。
c0135543_918404.jpg

「いいね! いいね!!」
c0135543_9185919.jpg

あとは、お醤油とお酒、ちょっぴり塩を入れ
自分のお好みの味に仕立て上げるだけだ。
c0135543_9194023.jpg

夕食に、まさかこれだけでは寂しい。

そこで用意したのが、厚揚げ焼きおろし生姜添え、
そして、いとも簡単豚肉の野菜炒め。
c0135543_920957.jpg


c0135543_9203531.jpg

そして、今日の夕食のテーマ、”ネバネバ”に基づき
ネバネバの王者、納豆を用意する。
c0135543_9211338.jpg

厚揚げは冷えたビールの肴、
あとはネバネバと豚肉の野菜炒めをモリモリと!

夏の暑さはネバネバで粘り強く乗り切ろう!!
[PR]
by shige_keura | 2011-07-21 09:23 | | Comments(0)
<< 名将の条件、愚将の背景 山中日記 -山椒は小粒でも・・・・- >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.