Top
山中日記 ー夏休みの学習 その4-
本日のテーマは夏休みの学習と言えば・・・・、
お馴染みの、工作である・・・・・・が、しかし
孫たちのものではなく爺の手に因る、昔懐かしの工作だ。

8月某日、雨のそぼ降るひんやりとした天気、
頃合いを見計らって孫の前で外を見ながら呟く。
c0135543_13501717.jpg

「こんな日は暗くなるとお化けが出るんだ」

すかさず孫が反応した。

「お化けなんか居ないってみんなが言ってたよ」

「東京は出ないかもしれないけど
 この辺の人たちは見たって言ってるよ。
 特に悪いことをした人の前に出るらしい」

「もし出てきたらどうすればいいの?」

「目の前まで行って
 もう悪いことはしませんと謝ればいいのさ」

「ふーん、そーーかーーー」






c0135543_13511022.jpg

これは、誰が見ても分かるスイカの半身、
かたわれは既にくりぬいてある。

孫たちの目を盗み、
車のトランクを使って作業する。
c0135543_13514766.jpg

さー出来たぞ! お化けスイカの出来上がり!!!

20年以上も前のこと、
ミラノの我が家にぶら下げたところ
フランス人の子供たちがキャーキャー言って
怖がりそして喜んでいたのを思い出す。

逗子の庭の木枝に不気味な顔が浮かんでいた、
それは60年もの昔々のこととなる。
c0135543_13523947.jpg

夜の帳がおりて真の闇、
カーテンを開けて外を眺めた
孫たちの母が手筈通り、「キャーと叫ぶ」

「あれ、なにーーー
 何かいるよーーーー!!!」

「何、何????
 !!!!!!!」
 
孫たちは窓に近寄り目を見張る。
c0135543_13532538.jpg

その瞬間は声も出ない、
しかし、それからあとは上を下への大騒ぎとなる。

庭に出たはいいが、身体が緊張、足がすくむ。

下の孫の大きな泣き声が闇夜にこだました。
c0135543_1354427.jpg

上の孫はと言えば、これまたあとずさり。

「さー、前まで行って謝ってらっしゃい」

「駄目、僕もー駄目!
 これ以上近づけない」

大人はニヤニヤしているが
子供にとっては恐怖だろう。

雨のそぼ降る闇の中
こんな顔がボーっと浮かんでいるのだから。
c0135543_13543849.jpg

いっときの騒動のあと、
漸く正体が判明した。

「なーーんだ、スイカじゃないか」
c0135543_1355264.jpg

二人の孫はお化けの正体に
暫しの間じっと見入っていた。

そのうち、どちらともなく言ったのは、
「これ、ハロウィンのかぼちゃみたい」。

”お化けスイカ”、昔は遠くなりにけり。

さー、あとはくりぬいた身を食べるだけ。
c0135543_13552237.jpg

大きなスイカは誠に食べでがあり、
甘くてとても美味しい。
c0135543_1356247.jpg

くりぬいた時に出たジュースを使って
ジンをベースにトロピカルドリンク。
c0135543_13562569.jpg

これまた、夏を感じる結構なお味で!!
[PR]
by shige_keura | 2011-09-02 13:58 | | Comments(0)
<< ピッチャーゴロの思い出 山中日記 -”期待外れ”と”思... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.