Top
ヒエルトの大冒険  -3-
初めての東洋の国、日本の首都、東京、
全てが新鮮で驚きの連続だった。

中でも一番びっくりしたのは
マンモスシティ、東京の大きさだ。

繁華街にしても銀座だけじゃない、
渋谷、新宿、池袋、浅草、上野に六本木、
赤坂、原宿・・・・・・・。

数えきれない繁華街、
どこもかしこも人の群れ、群れ、群れ!!!

イタリアの街、イタリア人はウルサイと言われてるけれど
日本に比べればよっぽどおとなしい。

僕はこんな所に行ったら直ぐに迷子になるから
家でじっとしてたんだ。

ところが、この家が驚くほど狭い、
街がこれだけ大きいから
家の狭さが余計目立っちゃう!!!

ウサギ小屋って言われているらしいけれど
兎が気を悪くしそうな狭さだった。

ここで、僕は人生、最初で最後の体験をした。

コンセントを抜かれ、
冷凍庫ではなく物入れとして使われたんだ。

働かなくて良いのだから楽って言えば楽だけど、
「毎日が日曜日」もちょっと辛いものがあったんだ。





それは1988年の6月だった。

僕は又、船に乗せられたんだ。

暑さに弱い僕にとっての2度目の赤道越え!
今度こそ、お陀仏になるかと思った。

冷凍庫が箱の中で氷詰めされて
故郷に帰るのは可哀そうすぎる。

でも、僕は強かった、このピンチを乗り切ったんだ。

自分で自分を誉めてあげたい、とはこのことだと思う。

ここはスイスのチューリッヒ、
本当に夢みたいにきれいな所だった。
(チューリッヒ湖を背景に、対岸が我が家のあった地域)
c0135543_21442943.jpg

長い冬が明けると一斉に花が咲く。
c0135543_12435780.jpg

緑の草原にピンクや黄色い花が咲き乱れ
その向こうには雪をいただく山々がそびえている。
c0135543_21432052.jpg


c0135543_1245479.jpg

家族の人たちも、楽しそうだった。
c0135543_21484182.jpg

小学校と中学校になった子供達は
冬になると長いものを持って学校に通ってた。
c0135543_21464417.jpg

それはスキ―というスポーツの道具で、
毎週1回は学校からスキー場に行って楽しんでいたらしい。
c0135543_21475291.jpg

僕も1回連れてって欲しかったな、
一番行きたかったのはツエルマットの氷河の上さ。

そこで、どっちが冷たいか競争したかったんだ。

スイスの生活を満喫していた或る日、
1993年の初め、またまた、僕はトラックに載せられた。

続きは明日。
[PR]
by shige_keura | 2011-09-30 11:00 | | Comments(0)
<< ヒエルトの大冒険  -4- ヒエルトの大冒険  -2- >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.