Top
不可思議なる勝負のアヤ
体調の狂いの為、暫くブログから遠ざかっていた。

しかし、グダグダ毎日を送るのも能がないので、
お休みの期間に起こったことを回想してみたい。

10月2日の日曜日、午後1時過ぎ
テレビの前にドッカと腰を下した。

お目当ては日本女子オープンゴルフ最終日。

舞台は女子にはサディスティックこの上もない和合コース、
狭いフェアウエー、深いラフに神経をすり減らせた結果、
待ち受けるのが、うねるグリーンである。

「こりゃ。大変だ!!」

テレビ観戦を楽しみにしていた理由はふたつある。

ひとつは、難攻不落のコースを
トッププロはどう攻め、どう守っていくか?

残るひとつは、最終日をトップで迎える
馬場ゆかりプロ、実はファンだからだ。

ファンになったきっかけは
彼女の背の高さが僅か149センチと言うことである。

チビはチビなりに背の低い人に
肩入れする意味合いもなきにしもあらずだが、
彼女の得意クラブがドライバーと聞いて興味津津となった。

あの背の高さで、一番長いクラブが得意!
信じられぬことである。

ただ、彼女の本当のファンとなったのは
昨年秋、大利根で行われた女子オープンを観戦した時からだった。





目の前を通り過ぎていく数多くの女子プロゴルファー、
百花繚乱、さて誰についていこうか?

何組かが通り過ぎって行った後、
躊躇なく馬場選手のパーティについた。

何故なら、彼女のプレーのリズム
顔の表情、歩く姿、どれもが気持ちよく感じられたことだった。

更に、パートナーがスラットした長身の美人、
女子プロ名うてのロングヒッター、森田理香子。

対象的な二人、組み合わせの面白さもあった。

溌剌とした多くの女子プロ、
歩く姿から言えば、宮里藍がピカイチ!
立ち姿も含めそれはそれは美しい。

藍ちゃんの歩く姿に比べ、
馬場選手のそれはお世辞にも美しくはなく、
とても大和撫子とは思えない。

しかし、驚きは、
あのコンパスで誰にも負けず速く、
そして堂々と闊歩する姿にあった。

「ウリ坊、堂々とフェアウエーを行く!」
それが馬場ゆかりだった。

さて、彼女の弱点はパットに有る。

これは、トッププロを維持しようと思うのならば
致命的な弱点になるのだろう。

最終日の前半はショットの乱れが追い打ちをかけ、
前半8ホールで6打スコアを落としていった。

そして、弱点のパットでもミスを連発、
後半でも惜しいバーディ・チャンスをことごとく逃した。

ところが、面白いことに
6打落とした後の、アウトの9番、
この日、最も難しいパットの距離が残った。

長い、下りのフックライン、
彼女の打ちだしたボールは手前で止まりそうで止まらない。

コロリ、コロリ、スルスル・・・・
ボールは最後にカップの縁に引っ掛かってゆるりと吸い込まれていった。

入りそうなパットが入らない、
ところが、最も入りそうもないパットが入った。

まさに、ゴルフとは、勝負とは分からぬものなのだ。

良いと思ったものが悪く出る、
一方、悪いと思ったものが良い結果を生む。

勝負のアヤとでも言ったらよいのだろう。

この、一打を境に彼女は別人となり
難易度ナンバーワン400ヤードを超える18番、
勝負を決定づける会心のセカンドショットを生み出した。

しかし、優勝スコアが12オーバーとは!!!

優勝の喜び、心地よい疲労に身を任せた馬場選手、
その他の選手全員は精根尽き果てた事だろう。

お疲れ様でした。
[PR]
by shige_keura | 2011-10-10 11:03 | スポーツ | Comments(0)
<< なんだか不可解?? ヒエルトの大冒険  -4- >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.