Top
歓びの日、ヒーローの誕生 -2-
神宮球場で行われた第一戦は
投手の未調整も有り乱打戦、
結果は東軍の13-9の勝利となった。

詰めかけた観客は5878人、
さぞかし幸せ一杯胸一杯の気持ちで
ヒーロー達の活躍に酔いしれた事だろう。

試合時間は2時間5分、
スコアから考えて異例の速さ、
昨今の試合とは比べ物にならぬほど
濃密で凝縮された試合だったに違いない。

両軍の先発選手は
大下を除き、全てが戦前からプロで活躍していた。

しかも、大下は明治在学中
野球部には所属していたものの
戦争の関係で神宮のグラウンドに立った経験は無かった。

観客は勿論選手たちにとっても未知な大下弘。

しかし、全員が彼のバットから打ち出される打球に目を剥いた。





6打数3安打、5打点の大活躍!
文句なく、大下は最高殊勲選手に選ばれた。

特に、当時広かった神宮のフェンス(100メートル)に直撃した3塁打、
粗悪なボールが信じられぬ高さで舞いあがる!

その破天荒な飛距離に衝撃が走った。

一瞬の静寂の後、
拍手と歓声が地鳴りのごとく球場を揺るがせた。

因みに、戦後第1号のホームランは
物干しざおバットを引っ提げた
タイガースの至宝、藤村富美男によって生み出された。

しかし、これはランニングホームランであり
初めてのフェンス越え本塁打は
西宮球場にて行われた東西対抗第三戦、
これまた、大下弘のバットからもたらされた。

それは、高々と青空に舞い上がり、
美しい放物線を描いた打球、
のちの「青バット」の大下に相応しい打球だった。

東西対抗での大下の通算成績は驚異的だ。

15打数8安打 12打点 打率0.533
本塁打 1  三塁打 1 二塁打 2

プロはおろか、大学野球未経験の男の活躍、
甘いマスクに優しく人懐こい笑顔。
c0135543_1842272.jpg

新たなヒーローの誕生に
球界が、ファンが熱狂したのも当然のことである。

満を持して、川上哲治が球界復帰したのが昭和21年6月21日、
プロ野球公式戦開始(昭和21年4月27日)の
約2カ月あとの事だった。
c0135543_185953.jpg

次回のブログでは
赤バット、青バットを中心とした
プロ野球人の思い出を紹介しよう。
[PR]
by shige_keura | 2011-11-24 09:02 | スポーツ | Comments(0)
<< 歓びの日、ヒーローの誕生 -3- 歓びの日、ヒーローの誕生 -1- >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.