Top
より高く、より遠く、壁を超えた男たち  (規格外!-1-)
本シリーズ、最初に取り上げる野球人は
やはり歴史上初めて50本の壁を超えた男、
ベーブ・ルースに努めてもらわねばならぬ。
c0135543_1627955.jpg

彼の年間最多本塁打、60本は
今や世界の首位に立つ数字ではない。

しかし、ベーブ・ルースこそ
歴史上の野球人として最も偉大な男なのだ。

今から、ベーブ・ルースが如何に
規格外で驚異の男だったかを紹介していこう。

彼は19歳の時(1914年)、
ボストン・レッドソックスの選手としてデビューし
1919年迄、主に投手として活躍した。
c0135543_16275553.jpg

その間6年、投手としての成績は次の通りだ。

登板試合数  勝利  敗戦  完投数  防御率
 163      89  46  105  2.28

エース級の成績、特に6年間で
105完投は恐れ入った数字である。

ベーブは決して投手を落第して打者に転向したわけでなく、
最初から打ってよし投げて良しの選手だった。

レッドソックス在籍、最後の2年の本塁打数は
1818年、11本、1819年、29本、
両年共に投手でありながら、本塁打王に輝いている。

こんな野球人は何処捜してもいやしない。  



ヤンキースに移籍した1920年、
彼は本格的に打者に転向し
満天下ファンが目を剥く成績を残した。
             (ヤンキース移籍の頃のベーブ、右はタイ・カップ)
c0135543_16284240.jpg

本塁打、54本、打率0.376 打点、137、
無論、本塁打王に輝いたのだが
2位の強打者、ジョージ・シスラーの本塁打は19本、
実に3倍近い本塁打をかっとばしている。

これが、まぐれでは無いことが
次の数字が良く物語っている。

年      本塁打   打率      打点
1921   59   0.378    171
1927   60   0.356    164
1928   54   0.323    142
 通算   714   0.342   2,217 

彼は生涯4度、50本の壁を超えたのだが
この時代は現在とホームランの定義が違っていた。

即ち、当時は左右のポール直撃打、
更に、ポールの内側を巻いて
観客席のファールゾーンに落ちた打球は
共にファール(今はフェア)とされていたのだった。
c0135543_16311364.jpg

ある、著名の記者に言わせると
1927年の本塁打数は
今のルールに照らすと80本に到達していたと言う。

ベーブ・ルースはプロに入る前、
どのように野球に付き合っていたのか?

これを知ると、更に驚きは大となる。

以下、明日のブログで、 
[PR]
by shige_keura | 2011-12-21 12:12 | スポーツ | Comments(0)
<< より高く、より遠く、壁を超えた... 2年ぶりのブイヤベース >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.