Top
2年ぶりのブイヤベース
ブイヤベースとは、もとをただせば
南仏の漁師町、マルセイユの田舎料理が発端だ。

即ち、売れ残った魚介類を
漁師たちが大鍋で煮込んだもの。

新鮮な魚が沢山入っているので
不味かろう訳が無い。

日本でも、この手の郷土料理は
昔から存在していた筈であり、
違いは和風か洋風かの味付けにある。

特に、ブイヤベースは
サフランの霊験あらたか、
スープが黄色みがかった濃縮極まりぬ味となる。

その昔、マルセイユで飛び込みで入った店の
ブイヤベースのスープが美味しかったこと!!

白いご飯の上にかけて食べたら
さぞやさぞ、美味しいだろうな、と思ったものだった。





ここは、青山霊園の向かいにある
フランス料理店、「シェ・ピエール」。
c0135543_2163823.jpg

ここの御主人はブリタ-ニュ出身だけに、
肉料理も美味しいが海鮮ものが売りであり、
中でも、ブイヤベースは絶品!

まろやかで、濃厚な味、
おまけに味を2回楽しめるように
特製のソースがついてくる

いちょうの葉っぱも舞い散る12月中旬、
2年ぶりで、この店のブイヤベースを楽しみにやってきた。
c0135543_217740.jpg

フランスのビストロを思わせる飾らぬ店内、
柔らかな日差しが降り注ぐ窓際の席、
居心地はすこぶる良い。
c0135543_2172987.jpg

テーブルの上には、前と変わらず
フランス郷土料理の数々を紹介してある
ランチョン・マットが敷いてある。
c0135543_2175059.jpg

ラングドック地方の肉煮込み鍋、「カスレ」、
アルザス地方の「シュ-クル―ト」、
ノルマンディの血のソーセージ、「ブダン」、
そして、南仏には勿論、「ブイヤベース」である。

先ず最初は季節的に生ガキをやらねばならぬ。
c0135543_2181363.jpg

カキは基本的にはフライが一番と思うのだが
季節に一回は生を味わうべきだろう。

的矢から店直送のカキに
レモンをたっぷりと絞る。
c0135543_21829100.jpg

口に含んだ途端に磯の香りが広がって
白ワインとの相性はバッチリだ。

その次は、オーナーお勧めの
各種キノコのソテ-とホワイト・アスパラガスのサラダ。
c0135543_2185663.jpg

そして、いよいよ待ちかねたブイヤベースの登場!

濃厚なスープの中に
新鮮なオマール海老、アサリ、
ホタテ、イカがたっぷりと入っている。
c0135543_2192250.jpg

先ずは、魚介のだしの旨みが凝縮されたスープを味わい、
途中からは秘伝のソース(ニンニク、オリーブ、卵等)を加え、
二種のスープを楽しむ。
c0135543_2194419.jpg

ハーフ・ポーションにしてこのボリューム、
良心的なこと、嬉しい限りだ。

甘いチョコレート系のデザートと
苦いエスプレッソをいつものごとく〆として、
腹は一杯、満足も一杯。

料理とワインで火照った顔に
北風が気持ちが良い。

今日は晩飯は抜きだ!!
と、この時だけは思って店を後にした。
[PR]
by shige_keura | 2011-12-20 21:12 | | Comments(0)
<< より高く、より遠く、壁を超えた... より高く、より遠く、壁を超えた... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.