Top
年末恒例加賀紀行 -空から降ってくるものはー
冬の北陸と言えば雪である、
日本海側の豪雪地帯が北陸だ。

「弁当忘れても傘忘れるな!」、
今でも、金沢の人々が口にする言葉、
ことほどさように、春、夏、秋、冬、
天気が変わりやすく雨が良く降る。

しかし、金沢の空から降ってくるのは、
雨、雪、霙、霰、雹だけではない。

「空から謡が降ってくる」、
これが、昔から金沢で言われていた言葉である。

金沢の能楽は加賀藩、前田家が武家の式楽として保護、育成し
庶民にも親しむよう、広く奨励し根付いていった。
c0135543_1832048.jpg

それが、加賀宝生として発展を遂げて今日に至っている。
c0135543_1835856.jpg

当時の金沢の町を歩くと、
高い所で作業する大工や植木職人の
謡を口づさむ声が聞こえていた。

これが、「空から謡が降ってくる」の由来である。

能楽だけではなく、茶の湯、生け花、伝統工芸、
文化を守っていこうとする金沢の意気込みは高い。

又、護るだけでなく、
新たな文化を生み出す、即ち若手芸術家への支援も熱い。

市近郊にある卯辰山工房には
全国から将来の陶芸家を目指す学生が
金沢市の手厚い援助を受けながら日夜制作に励んでいる。






金沢の名所旧跡数々あれど
「現代」という名の切り口から眺めてみると
平成16年に開館した「21世紀美術館」は
まさに金沢の文化度の高さを物語る渾身の力作だ。
c0135543_187274.jpg

とかく年配の人たちからは煙たがられる現代アート、
果たして、投下したエネルギーに見合う
集客は可能なのだろうか??

ところが、開館後250日で入館者は100万人を超え
最初の1年間で160万人以上のお客が詰めかけた。
c0135543_1873562.jpg

展示内容、PR、そしてお客様の口コミ、
三者の相乗効果の結実と言えよう。

雪模様の本日(12月24日)も
多くの来場者で会場は熱気に包まれていた。
c0135543_18802.jpg

呼び物のひとつが「スイミングプール」。
c0135543_1882456.jpg

プールを見下ろすと、
あたかも深く水で満たされており、
その底に人がうごめいているのでギョッとする。
c0135543_1885478.jpg

実際の水の深さは僅か10センチ、
ガラスが敷きつめられた下に
水色で床が塗られている部屋が存在しているのだ。
c0135543_1893792.jpg


c0135543_1810967.jpg

ここでの、お気に入りが
アメリカ人デザイナーが制作し
自らの名前を冠した「タレルの部屋だ。

四角の部屋の壁に沿うように作られている
石造りのベンチに腰を下し上を見上げる。
c0135543_18104684.jpg

天井の真ん中が切り取られ
千変万化の北陸の空が眺められる。
c0135543_18111923.jpg

灰色の雲が流れて行ったかと思うと
ほんの一瞬、青空が顔を覗かせ、
トンビが悠然と風の中を泳いでいる。

床に目を落とすと、
霙まじりの雨が溜まった床面は
天井の開口部を深いブルー色で映し出している。
c0135543_1812818.jpg

部屋の中を通り抜ける冷たい風も
会場の熱気を覚ませてくれる一時の清涼剤だ。

何がなんだかよくわからないが、
心が洗い流され澄みきった気分となる。
c0135543_18114970.jpg

今日はクリスマスイブ、
今年の出来事を振り返るも良し、
来年に想いを馳せるのも良い。

見上げる空は徐々に暗さを増していく。
[PR]
by shige_keura | 2012-01-08 21:51 | | Comments(0)
<< 分かち合う痛み 年末恒例加賀紀行 -百万石の香りー >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.