Top
こいつは春から・・・・・・・
c0135543_85305.jpg

国立劇場開場45周年、
平成24年初春歌舞伎公演の演目が
通し狂言、「三人吉三巴白浪」である。
c0135543_8533021.jpg

三人吉三、最初の出会い”大川端”は
歌舞伎芝居の名場面のひとつ、
更に、ここで女装の美男盗賊、
お嬢吉三の七五調の流麗なる科白が錦上花を添える。
c0135543_8553212.jpg

「月も朧に白魚の 篝もかすむ春の空
 冷てえ風にほろ酔いの 心持よくうかうかと
 浮かれ烏のただ一羽 ねぐらへ帰る川端で
 竿の滴か濡れてに粟 思いがけなく手にいる百両
 ほんに今夜は節分か
 西の海より川の中 落ちた夜鷹は厄落とし
 豆たくさんに一文の 銭と違って金包み
 こいつは春から縁起がいいわい」
c0135543_902386.jpg

実に節目の年の新年に相応しい演目だ。
c0135543_91866.jpg

しかも、今回は通し狂言、
”大川端の出会いの場”しか知らぬ私にとって
初めて三人吉三、全体の話をのみ込むことが出来た。

更に配役が”すこぶるつき”のなんとやら、
和尚吉三、松本幸四郎、お坊吉三、市川染五郎の親子競演に
旬の女形役者、中村福助のお嬢吉三ときている。
c0135543_8593886.jpg

「こいつは春から縁起がいいわい」はこっちの科白だ。





c0135543_915277.jpg

松本幸四郎の安定感と堂々たる所作、
歌舞伎に限っては弟の吉右衛門を凌駕している。

染五郎は若干、線の細さは否めぬが
セリフ回し、踊り等の存在感はなかなかのもの。

そして、艶っぽい福助の芸の巧さは特筆もの、
野太い男の声と裏っかえった女性の声を交互に使ったり、
踊りも男踊りをしてみたり(お嬢吉三は男だから)、
今まさに脂が乗り切った時期を迎えているようだ。
c0135543_17135044.jpg


c0135543_1746795.jpg

c0135543_1742923.jpg

さて、この演目の作者、河竹黙阿弥は
幕末から明治にかけて幅広いジャンルで、
約360もの作品を残している。

それらの作品は歌舞伎芝居の集大成とも言われ
坪内逍遥は黙阿弥を「江戸演劇の大問屋」と賞賛した。

この三人吉三の筋書きは実に複雑、奥が深く、
更には男女の許されぬ微妙な世界にまで入りこんでいる。

それは、単なる敵討にとどまらず、
男(お坊吉三)と男(お嬢吉三)の恋愛感情だったり、
男と女の双子(和尚吉三の弟妹で、当時双子は畜生と蔑まれた)の愛であったり、
更には和尚吉三の弟、妹の双子を自らの手にかけて殺してしまったり、
極めつけはお嬢吉三は”八百屋お七”パロディであったりする。

今回はイヤホン解説を耳につけての観劇、
お陰で河竹黙阿弥の描いた深みのある話が理解できた。

さもないと、話がチンプンカンプンになるところだった。

大詰めは白浪(盗賊)三人吉三の大捕物、
「櫓お七」を模した舞台に激しく雪舞い散る中、
大見得を切る三人白浪。
c0135543_8545561.jpg

「よーっ、成駒屋ーーー」
「待ってました! 高麗屋!!」
c0135543_1744487.jpg

「こいつは春から縁起がいいわい!!」
[PR]
by shige_keura | 2012-01-11 17:47 | | Comments(0)
<< 末は利休か宗室か? 分かち合う痛み >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.