Top
雪の匂い、張りつめた空気
1月24日、外は一面の銀世界、
太陽に照らされた世界はキラキラと輝いている。

外は相当冷え切っているのだろう、
普段は落ちて無くなる電線上の雪が凍りついている。

朝8時のニュースの段階で
関東圏でスリップ事故が750件を超えている。

危ない、危ない!!!
凍結した道でスリップしたら一巻の終わり
焦れば焦るほど車の制御は効かなくなる。

思い切って窓を開けてみる。

澄みきった空気、ほのかな雪の香り、
張りつめた朝の冷気、
久しぶりの清冽な空気で
肺がビックリしてることだろう。

ベランダの温度計は丁度0を指している。

これでもゼロなのか!!

あのときはこんなものでは無かった。

何しろ、外の気温はマイナス35度だったのだから!!




あの時とは、1978年の2月末から3月、
3月9日、次女出産予定日の最中、
フィンランドのロバニエミ市に居た。
c0135543_21214475.jpg

ロバニエミとは自動車会社が耐寒テストの為に好んで使う
フィンランドの北方、北極圏は目と鼻の先にある町だ。

ホテル内は暖房が効いて25度、
試しに外に出る。

外の気温はマイナス35度、
ホテル内との高低差55度!!!
c0135543_21204359.jpg

5分と持たない、眉毛は凍りつき、
日本から持参した防寒具は役に立たない。

寒いと言う感覚なのだか良くわからない、
とにかく全てが氷に閉ざされている。

しかし、素晴らしく綺麗であり
全てがクリーン、汚染とは対極の世界だ。
c0135543_2121537.jpg

満を持して、雪道テスト走行が始まった。
c0135543_21221195.jpg

北欧の人たちは嬉々として
雪道を80-100キロで飛ばしていく。

彼等の運転テクニックは
唖然とするぐらい素晴らしい。

あきれるほどにノロノロ走っている車は
全て、日本人が運転している。

地元の人達から、口笛をはじめ野次が飛ぶ。

隣で運転する友人の顔は引き攣ってる。

さー、下りのカ―ブが迫ってきたぞ、
エンジンブレーキでスピードを落として・・・、
駄目だ、ブレーキを踏んじゃ!!!

「あー」絶望的な声と共に
車はスピンし始めた、
ドーン、雪の壁に突っ込んだ。

その後の処理は全てフィンランド人が上手くやってくれた。

結局は、この雪道テストドライブ
日本人はお荷物でしかなかった。

まだまだ日本が欧州自動車市場を
理解してなかった頃のお話だ。

首都、ヘルシンキに帰った私に
テレックスが届いていた。

「次女誕生おめでとう、母子共に健康!」

会議は一時休会、皆で乾杯!
グラスの合わさる澄んだ音が響き渡った。

あれから35年近くも経とうとしている。

今日は温度ゼロでも十分に寒い朝だ、
そろそろ窓を閉めよう。
[PR]
by shige_keura | 2012-01-24 21:35 | その他 | Comments(0)
<< 鱈が鶏に大変身 「お楽しみはこれからだ!」 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.