Top
鱈が鶏に大変身
1月23日(月)、NHK生活ホットモーニング、
久しぶりに「夢の3シェフ」の登場だ。

題して、「寒魚で極上の一皿」。

3人が腕をふるったのは、
和食の「寒ブリの山椒七味焼き」、
イタリアンが「鱈のヴィチェンサ風」
中華は「サワラの山東風煮込み」
どれも大変美味しそうで生唾が出てきた。

ただ、最近はいつになく魚を味わったので
調理法だけを拝借し食材を魚から肉に代えることとした。

挑戦したのが、イタリアンの達人、
落合シェフ御披露のヴィチェンサの郷土料理だ。

ヴィチェンサはイタリアの北東部
水の都、ヴェネチアから北に向かって
電車で1時間ほどの所に位置している。

海に面した町ではないので
鱈と言っても塩漬けにした干鱈、
現地では「バカラ」(Baccala)と呼ばれ珍重されている。

但し、日本人にとっては魅力に乏しく
私自身、レストランで食べた事はない。

イタリアには干鱈以外に
食べたいものが山ほどあるのだから。







さて、本日は鱈に代わって
鶏の腿肉を使用してみよう。

あとは、シェフの御指示通りにやれば
絶対に旨い一皿になるに違いない。

結果から先に言うと、
肉好きの言うことだから、
割り引いて聞いてほしいが
鱈よりも鶏肉の方が美味しいと思う。

先ずは、2人前を想定して、
大ぶりのタマネギ半個をみじん切りして
オリーブオイルで色が変わるまで炒めておく。
c0135543_22304596.jpg

次に、塩、胡椒した鶏腿肉に
小麦粉をまぶしておく。

味の決め手、パルメザンチーズ、
20-25グラムを粉にしておく。

ここは、塊のパルメザンを
削って粉にするのがベストだ。

あと必要なものとして、ミジンのパセリ少々と
出来ればアンチョビも隠し味として使いたい。
c0135543_22311796.jpg

但し、鱈の場合ほどアンチョビの必要性は無いと思われる。
c0135543_22314325.jpg

フライパンに多めのオリーブオイルを敷き
うっすらと焦げ目がつくまで鶏肉を焼く。
c0135543_2232852.jpg


c0135543_22324040.jpg

ここで、フライパンの油を切り
鶏肉の上に牛乳200ccを加え
炒めたタマネギとパセリ、アンチョビを入れ
10-15分間煮込み、
最後にパルメザンチーズを入れて完成だ。
c0135543_22331054.jpg

c0135543_22341720.jpg


c0135543_22343949.jpg

濃厚、芳醇なる味、
鶏肉も美味しいがソースの旨さときたら、
ご飯にかけ廻して食べた時には幸せいっぱい腹一杯となる。
c0135543_2234573.jpg


濃厚なる味に目が無い御同輩、
絶対にお勧めの一皿である。
[PR]
by shige_keura | 2012-01-25 22:41 | | Comments(0)
<< 我が意を得たり 雪の匂い、張りつめた空気 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.