Top
蒸す旨み (豚バラと白菜)
先日放映されていた、NHK朝イチ、
和洋中、蒸し鍋三種より、
「野菜シャッキリ! 低温蒸し鍋」にトライした。

料理をする場合、焼く、煮る、茹でる、
そして偶に揚げることはするが
蒸すことは滅多にやらなかった。

ところが、ある時、特に野菜の場合
蒸す旨みが非常に美味しいので
以来、旬の野菜を蒸して楽しんでいる。

カボチャ、オクラ、ナス、そしてキノコ類、
蒸した野菜は一味違ってくる。

今は冬、野菜の価格は高騰しているが
白菜を食すには絶好のタイミングだ。

用意するものは、そのほかには
豚バラ肉、シメジ、塩コンブ、そして柚子の皮、
全く持って単純至極な料理である。
c0135543_18261721.jpg

但し、下ごしらえが、
男には若干難しい。






白菜の上に豚バラ肉を重ならぬよう並べ
その上に塩コブを多めに振りかける。
c0135543_18271461.jpg


c0135543_18274683.jpg

白菜の葉を互いちがいに重ね
5枚程度でひっくり返して
5-6等分に切り分ける。

豚バラ肉と白菜の
不細工なミルフィーユの如しである。

男の手料理なのだからこんなものだろう。
c0135543_18282760.jpg

盆ザルに並べ、周りにシメジを置き
柚子の皮の薄切りを7-8枚散らす。
c0135543_1829454.jpg

鍋の中の湯が沸騰しはじめたらば
盆ザルを鍋に置き、
横から蒸気が逃げられるよう蓋は密閉しない。
c0135543_18294140.jpg

強火で10分、火を消し、
今度は蓋を密閉し余熱で更に10分蒸らす。

これで、出来上がり!
c0135543_18302053.jpg

下ごしらえのあとは呆気ないほど簡単料理だ。

お好みでポン酢をかけて召しあがれ。
c0135543_1831275.jpg

白菜とシメジの旨みと
程良く脂が抜けた豚バラ肉、
塩昆布のアクセントと柚子の香り!

今の季節に相応しい料理となった。
c0135543_18313035.jpg

唯一つの反省点。

それは、柚子の皮は、こまかい細切りで
散らすべきだった。

その方が、見た目も綺麗だし、
柚子の香りを更に楽しめることが出来ただろう。
[PR]
by shige_keura | 2012-02-28 18:32 | | Comments(0)
<< 明治の男と梅の香り Red Shoes Legen... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.