Top
嫩(ふたば)の謎
下の画像は、山中湖周辺で
運が良ければ見ることが出来る野草である。

ひとつは「熊谷草」、袋状の唇弁が
源氏の武将、熊谷直実が背負った
母衣(ほろ)に似ている事が命名の由来だ。
c0135543_931321.jpg

対するは「敦盛草」、
平家の若き貴公子、平敦盛に因んで名づけられている。
c0135543_932348.jpg

白は源氏の旗印、
花自体も幾分がっしりしている事が
勇猛果敢な武将熊谷直実を思わせる。

平敦盛は紅顔の美少年、
平家の赤と優しい花が彼に相応しい。

二人は、「平家物語」における
「一の谷の合戦」の主役である。
c0135543_9425045.jpg

色鮮やかな鎧をまとった平家の侍(敦盛)を追う直実、
馬から引きずりおろして鎧を取れば
色白の若き美丈夫の顔に驚く。
c0135543_9351536.jpg

直実、実子の小次郎を思い浮かべ
首を刎ねるのを躊躇する。

「情けは無用!」と叫ぶ敦盛、躊躇する直実、
源氏の武将が駆け付ける。

もはやこれまで、と直実、
心に葛藤を抱いたまま敦盛の首を刎ねる。

この一件を軸に据え、芝居脚本を作ったのが
浄瑠璃の黄金時代を作ったと言われる並木宗輔だ。

彼は「一谷嫩軍記」(いちのたにふたばぐんき)と題して
直実夫婦、敦盛の母、そして、源義経等の人間模様を描いている。






3月5日、国立劇場で上演されている
「一谷嫩軍記」を興味深く観劇した。
c0135543_9382329.jpg

何故なら、作者の大胆な脚色に驚きを覚えたからだ。

合戦に向かう、直実に義経は弁慶の書を渡す、
「一枝を伐らば一指を剪(き)るべし」。

顔色を変え愕然と戦場に赴く直実、
彼は主、義経の真意を読み取ったのだ。

即ち、平敦盛は平家の若大将ながら
天皇家の血筋を引いた若者、
決して殺すでは無い。

一指は一子に通ずる、
即ち自らの子を斬るべし!

芝居のハイライトは「熊谷陣屋」の幕。

義経による平敦盛の首実見、
そこには敦盛の母、お藤の方が悲嘆にくれ
直実の妻、相模が慰めている。

ところが、箱の中に入っている首級は?

見聞し、満足げに納得する、義経、
瞬時に立場が入れ替わった女性二人。

我が子、小次郎の首を見て
驚愕、悲嘆にくれる相模、
歓びを表わそうにも表わせぬお藤の方。

中村東蔵(お藤の方)、中村魁春(相模)、
二人の情感あふれる演技が見事だった。

心の動揺を抑え、出家を決意する直実、
静かに花道を下がる所で芝居は終わる。

「一谷嫩軍記」の嫩とは??

嫩は若葉、2枚の若い葉、
人間の幼い頃の意味。

即ち、平敦盛と直実の子、小次郎
14,5歳の少年二人の事だったのだ。
[PR]
by shige_keura | 2012-03-07 17:07 | | Comments(0)
<< ふたつの”昼下がり” 格差縮小 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.