Top
ツワモノどもが夢のあと (6) -世界に羽ばたく-
今日の主人公は奇しくも片山豊と同じ
静岡県、浜松市の出身、
優勝の野望を抱いてレースに参加した

その人の名前は本田宗一郎、
のちに本田技研を創設すこととなる彼は
弟、弁二郎と共にフォードを改造した
その名も「浜松号」を駆ってレースに参加した。

オリジナルの8バルブを16バルブに改造し
チューンアップしたエンジンを載せた「浜松号」は
観客も驚く猛スピードでサーキットを疾走した。

しかし、余りの猛スピード、
コーナーで制御できず車は横転、
ドライバーの宗一郎は車外に放り出された。
c0135543_17113259.jpg

幸いにして一命を取り留めたのだが、
もしも、この時最悪の事態になっていれば
世界に誇るホンダの名前は登場しなかっただろう。





捲土重来を期した本田宗一郎は
10月のレースで多摩川に帰ってきた。

その時のプログラムの紹介記事である。

「はるばる遠州、浜松から上京してきた本田宗一郎は
 自信たっぷりの猛者で、
 愛車は故郷の名前を冠した ”ハママツ号”」

この日、宗一郎は見事なハンドルさばきで圧勝!
初戦の雪辱を見事に晴らしたのだった。

1946年宗一郎の手によって本田技研が創設され、
そこで製造されたオートバイは世界を席巻し
”HONDA"は日本の技術力を示すシンボルともなっていった。

やがて、彼は日本初の本格的サーキット、
「鈴鹿サーキット」を1962年に作っていくのだが
その原点は、多摩川スピードウエーにあると言って過言でないだろう。

               (鈴鹿サーキットと本田宗一郎)
c0135543_17121855.jpg

二人の米国自動車殿堂表彰者を生んだ
多摩川スピードウエーだが
日中戦争の激化に伴い
自動車レースは1937年5月を最後に幕を閉じた。

戦後、1949年からモーターサイクルのレースは
折に触れて行われていたようだが
近隣からの騒音苦情も高まる中
自然消滅的にスピードウエーの役割を終えた。
c0135543_17135964.jpg

1955年、跡地に出来た東急自動車学校も1968年に閉鎖、
そのあとを受けた東映(日ハム)の二軍本拠地も
今は別な場所に移転し、球場だけがその姿を留めている。

元をただせば「オリンピア野球場」、
それが「多摩川スピードウエー」、「多摩川自動車教習所」、
「東映(日本ハム)二軍本拠地球場」、
そして今は名もなき野球場。

僅か80年足らずの間の変遷だ。

スピードウエーの観客席があった
コンクリートに腰を下す。
c0135543_1721031.jpg

目の前の多摩川の河川敷、
かすかに4コーナーのあたりに
当時のサーキットの面影が見て取れる。
c0135543_17144972.jpg

               (小型トラックが停車している場所がかつての4コ-ナー
                上の画像と反対方向から写したもの)
c0135543_1718619.jpg

日本の自動車に自分達の夢を預け
見事に技術力の高さを世界に証明した男たち。

男たちの熱きドラマの原点となった多摩川スピードウエー、
その存在を知る人は少ない。
[PR]
by shige_keura | 2012-04-19 09:44 | スポーツ | Comments(0)
<< ツワモノどもが夢のあと (7)... ツワモノどもが夢のあと (5)... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.