Top
古都、春爛漫  -日本最長寿-
24日、昼をまわった刻限、
祇園周辺の店を物色しながら歩いていた時、
突然、その建物は目の前に現れた。
c0135543_17505078.jpg

「東華菜館」、北京料理を売りにした店なのだが
何故か、私はこの店の所在地は神戸と勘違いしていた。
c0135543_1751344.jpg

「えっ、なんだ! 東華菜館は京都にあったのか!!」。

これで自動的に昼食の場所は決まった。

何故ならば、この建物の中に
大田区とは所縁の深い会社が作り
今や日本最長寿となった文明の利器が稼働しているのだ。

その文明の利器とはエレベーター、
メーカーはオ―チス社、
今でも世界シェアナンバーワンを誇る優良企業である。

               (近代エレベーターの父、エリシャ・オ―チス)
c0135543_17345762.jpg

オ―チスの父、エリシャ・オ―チスと二人の子供が
近代エレベーターの三要素を確立したことで
ビルは高層化し、人間の生活様式を変えていくことになった。

               (1854年、第2回万博で非常停止装置を発表し
                満場の拍手喝采を浴びるオ―チス)
c0135543_1737319.jpg

三要素とは、非常停止装置、電動化、
そしてギアレス高速装置、を意味している。

               (1889年エッフェル塔にオ―チスの水圧式エレベーター導入
                今でも、当時と同じ構造のエレベーターが脚の中を運行)
c0135543_17422499.jpg


c0135543_1746662.jpg

オ―チスの開発した文明の利器の波は
文明開化の日本に当然の如く入ってきた。






1896年(明治23)日本銀行本店を皮切りに
1901年、大阪日本生命本社
1911年、東京、白木屋本店(デパート第一号)
               (白木屋にエレベーターが導入時)
c0135543_1748030.jpg

1912年、東京、三井銀行本店
1914年、東京、三越本店、浅草、凌雲閣(通称十二階)

               (当時、東京のシンボルとなった凌雲閣)
c0135543_18115133.jpg

そして1924年、由緒ある東華菜館の建物に
オ―チスエレベーターが設置され、
今では日本最長寿として日夜働き続けている。
c0135543_17533472.jpg


c0135543_1754829.jpg

手動式による運転、鉄格子の中扉、
半円形のフロア・インジケーター等々、
実に懐かしい香りいっぱいのエレベーターである。
c0135543_17563645.jpg

その後、オ―チス社は三井物産と合弁で
東洋オ―チス社を立ち上げ蒲田に工場を構えた。

これは、日本の国産エレベーター会社優遇策の
関税引き上げに対抗する窮余の一策だったのである。

東海道線脇、約5,000坪の土地に
レイモンド設計事務所が担当した
東洋一のエレベーター一貫製造工場は世間の注目を浴びた。

全面ガラス張り、温風暖房機、洋式トイレ、スプリンクラーを装着、
当時の日本としては考えられぬ近代的建物だった。

更に、横幅48メートルに及ぶネオンサインは
東海道線で通う人々にとって異採を放つ存在だった。

戦争の荒波をくぐりぬけた東洋オ―チスは
今、日本オ―チスと名前を代えて
日本初代の高層ビル、霞が関ビルのエレベーターをはじめ
多くのエレベーターを納入し活躍している。

本社、オ―チスの活躍は更に目覚ましく、
ドバイの世界最高峯ビル、「ブルジュファリファ」に
世界最高スピード(分速1,000メートル)のエレベーターを納入している。
c0135543_17593100.jpg

文明の機器、日本の近代化を促進した
最長寿エレベーターが今も古都でひっそりと息づいている。
c0135543_17594775.jpg

最後に、この東華菜館の北京料理、
懐かしい古典的な味!!
c0135543_1821576.jpg

まさに雰囲気にぴったり!!!
心地よい時間を過ごした。
c0135543_18371.jpg

[PR]
by shige_keura | 2012-04-30 18:15 | | Comments(0)
<< 古都、春爛漫  -新たな発見- 古都、春爛漫  -桃源郷- >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.