Top
アメリカ・アメリカ!!  -冷やかしで1,000ドル-
ビヴァリー・ヒルズのロデオ・ドライブと聞けば
買い物好きな人たちは目を輝かせるに違いない。
c0135543_21402568.jpg

サンタモニカ大通りとウィルシャー大通りを結ぶ500メートル、
ロデオドライブには100軒余りの
高級ブランド店が連なっている。

エルメス、シャネル、ルイ・ヴィトン、
グッチ、プラダ、ブルガリ、カルティエ、
フェンディ、ティファニー、フェラガモ・・・・・・・。
c0135543_21405915.jpg

買い物好きの日本人ならば
涎が出そうな店、店、店・・・・・、
クレジット・カードを使いまくり
帰国後、蒼い顔をする人も沢山いるそうな。
c0135543_2143178.jpg

ところが、幾ら買いたくても買えない店、
即ち、オーナーに予め予約を取らぬと
入店出来ぬ店がある。







その店の名前はビジャン・ブティック、
主に高級紳士服を扱うこの店は
日本には余り名を知られてない。

               (黄色い壁の店がビジャン)
c0135543_21434391.jpg

昨年亡くなった初代オーナーのビジャン・パクザド氏は
イランから1970年代に亡命し
一代でアメリカで最も高級なブランド店を築いた。

お得意様リストにはバラク・オバマをはじめ、
ジョージ・W・ブッシュ、故ロナルド・レーガン、
アーノルド・シュワルツネ―ガ―、トム・クルーズ等、
政財界、有名タレント、スポーツ選手がキラ星のごとく並ぶ。

今は息子が店を継いでいるが、
先代から引き続き、オーナーが店に居るか居ないかはすぐわかる。

それは、店先に特注のロールス・ロイスか
ブガッティが停まっていれば
オーナーが店に居る印なのだ。

本日は、黄色いブガッティが周囲を睥睨していた。
c0135543_21444088.jpg

先にも紹介したように、
この店は予めオーナーの了解が無いと入店出来ない。

幸いにして入店出来たとしよう。

しかしながら、お気に入りの品が見つからなかった。

この場合、ハイサヨナラとはいかない。

例え、買うべきものが無かったとしても
冷やかし代金として1,000ドル支払わねばならぬ。

どなたか勇気のある方、
一回入店されては如何?

ただ、オーナーが入店をOKしてくれるかどうか?
それは保証の限りではない。
[PR]
by shige_keura | 2012-07-03 08:25 | | Comments(0)
<< アメリカ・アメリカ!!  -K... アメリカ・アメリカ!!  -プ... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.