Top
お疲れ様でした
7月16日、日経のコラムに
珍しくも地方競馬の騎手の話題が掲載されていた。

「金沢競馬所属の日本最年長騎手、
 並びに 最年長勝利(62歳9か月)を記録した
 山中利夫騎手が昨日引退しました。
 
 17歳でデビューしてから現役生活45年、
 通算騎乗回数、17,116戦、2,812勝でした」

へーー!山中騎手は未だ現役だったんだ!!

1997年から約6年の金沢暮らし、
ひそやかな楽しみは金沢競馬場詣でだった。

日本海ほどちかくの河北潟、
昔は広々とした湿原地帯だったのだろう。
c0135543_1355145.jpg

スタンドの観覧席の真正面に北陸の山並みが連なり、
まさに、地方競馬の醍醐味を味あわせてくれる。

故山口瞳氏の名著、「草競馬放浪記」によれば、
「金沢競馬場は立地条件、雰囲気、
 そしてレースの見やすさ、
 どれをとっても日本一の地方競馬場である」






更には、当時(1997-2003)は
珍しくも二人の女性ジョッキーも活躍、
華やかな雰囲気も漂い、
暇さえあれば通ったものだった。

その時、既に山中騎手は50代半ば、
既に金沢の最年長騎手であり、
騎乗回数こそ多くは無かったが
堅実無比なレース運びは信頼性が高かった。

小柄なジョッキーの中でも更に小柄
ずんぐりとした体型、背を丸めて
馬を追う姿は、まさに職人の風情だった。

ところで、63歳の引退とはどのような意味があるのだろうか?

同じ地方(公営)競馬では
川崎の鉄人と言われ、生涯7,153勝した
佐々木竹見騎手が引退したのが60歳。

中央競馬に目を転じると、
シンボリルドルフで大活躍した
岡部幸雄騎手は56歳引退、
これが中央競馬の最年長記録である。

名人と言われ、未だに現役の武豊が43歳、
最近の衰えぶりから察するに
50歳まで現役を続けることが出来るだろうか?
c0135543_1363618.jpg

山中騎手の63歳現役引退、
この息の長さは驚異的な事なのだ。

山中さん、本当にお疲れ様でした。
[PR]
by shige_keura | 2012-07-20 13:03 | スポーツ | Comments(0)
<< 何故、失敗???? 待望の舞台 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.