Top
3985の頂点目指し  -素晴らしい世話女房-
夫を甲斐甲斐しく助ける世話女房、
余りにも目立ち過ぎると
旦那にとっては時として鼻持ちならぬ存在となるのかもしれない。

世の旦那と言えば、我がままで、独善的で、
子供の様な喜怒哀楽を持つのが通り相場、
それを、押したり、引いたり、なだめたり、
世話女房の匙加減は絶妙だ。

野球の世界で言えば、
名捕手はまさしく世話女房、
主役であり旦那の投手を影になり日向になり盛り上げ、
更には全軍を鼓舞しながら勝利に導いていく。

その意味で言えば、
本日(8月20日)の準々決勝で共に勝利した
青森・光星学院と大阪桐蔭の二人の捕手は
世話女房の鑑と言えよう。

先ずは光星学院の主将にして
3番バッターを務める田村選手だ。
c0135543_1821164.jpg

準々決勝を終わって10打数4安打、
打率4割で本塁打1本、
本日の試合でも乾坤一擲のレフト前ヒット、
決勝点(勝利打点)を叩き出し
次の北条選手の長打を呼びこんだ。

継投策必至と言われた光星学院、
終わってみれば金沢投手の完封劇、
それを演出したのはキャプテン田村選手に違いない。





次なる世話女房は大阪桐蔭の森捕手である。

169センチで85キロと言えばドカベンタイプ、
その風貌はどことなくプロゴルファーの倉本昌弘選手を思わせる。

典型的な昔ながらの捕手、
足は遅いに決まってる・・・・・・・?????

ところが、びっくりするなかれ、
森選手は1番バッター、俊足でならしている。

打撃は、巨人の往年の強打者、
吉村選手を思わせる構えから
放たれる打球の鋭く伸びていくこと!!
c0135543_18215843.jpg

準々決勝の天理戦、
試合開始のサイレンの余韻が残る2球目、
森選手のバット一閃、打球はバックスクリーンに吸い込まれていった。

投手にとってこれほど力強い援護は無いだろう。

おまけに、藤浪投手がアップアップしていた前半
バント失敗の小フライを体制を崩しながらもキャッチ!
ピンチを未然に食い止めた。

森選手は今日を終わって
13打数7安打、打率0.538、ホームラン2本!!

八面六臂の大活躍の森選手、
何と彼は2年生、先々が楽しめる選手である。

出来ぬ相談ではあるが、
来年は桐光の三振奪取王、松井と
大阪桐蔭、森のバッテリーを甲子園で見たいものである。
[PR]
by shige_keura | 2012-08-21 08:43 | スポーツ | Comments(0)
<< 明るさの陰の胸騒ぎ 3985の頂点目指し  -二人... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.