Top
「山中日記21012」  -小鳥と憩う昼-
9月中旬以降、ある程度予期していたとはいえ、
これほど忙しくなるとは思わなかった。

10月下旬でひと山越すとは思えるのだが・・・・・・、
そんな訳で、ブログの更新も思うに任せない。

9月16日、三連休の真っただ中の山中湖畔、
何処へ行っても人の波は避けられそうもないが、
そんな時に手軽に深山の雰囲気が味わえるのがここだ。
c0135543_10282217.jpg

忍野村の一角、森の喫茶室、「あみん」は
山中湖から5分の距離とは思えぬほど
鬱蒼とした森の中に佇んでいる。

テラスからみる景色はまさに深山幽谷、
そして、今日もやってきた、小鳥たちが。
c0135543_10292736.jpg

ヤマガラ、シジュウカラ、時にはアカゲラ、
孫の手に盛られたヒマワリの種を
次々とついばみにやってくる。
c0135543_1030252.jpg

小鳥たちの旺盛な食欲、
こちらの腹も鳴ってきた。
c0135543_10304727.jpg






ここで登場するのが
「あみん」名物、森のきのこがたっぷり入った
パイ皮包みの壺焼きだ。
c0135543_10311891.jpg

妙に凝った味付けではない。
c0135543_10315156.jpg

素人ぽい、素朴な味わいが
雰囲気にピッタリとマッチしている。
c0135543_10325145.jpg

身も心も温まり、豊かな気分となる。
c0135543_10332837.jpg

ひっきりなしに飛来する小鳥たち、
ふと、脇のテーブルの上に目をやると
胡桃が三つ、おまじないのように置いてある。
c0135543_1034375.jpg

これは、リスの為のものである。
c0135543_1034296.jpg

これから寒さに向かう、この季節
リスは冬の蓄えをしなければならない。
c0135543_10351845.jpg

目の前の杉の木に絡まった弦の間に
しっかりと冬の蓄えが嵌め込まれている。
c0135543_10354076.jpg

晩夏から秋、
これからの季節の進みは早い。

あっという間に木々の葉は落ち、
凍てついた寒さに覆われるのだろう。

それにしても、湖畔の喧騒は全く聞こえてこない。
c0135543_10372394.jpg

小鳥たちと憩う昼の一時、
「これまた、楽しからずや」である。
[PR]
by shige_keura | 2012-09-30 10:39 | | Comments(0)
<< 「山中日記 2012」 -旬の味- 我が意を得たり >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.