Top
「世界の料理ショー」を知っているか?
1970年代の半ばのある日、
12チャンネルに実に面白い番組があるのを知った。

タイトルは、「世界の料理ショー」、
言わば料理バラエティ番組の草分けと言って良い。
c0135543_2240145.jpg

主演はイギリス生まれの料理研究家、グラハム・カー。

彼はロンドンに生まれ、
幼くして両親の経営するホテルで働き
著名なシェフに囲まれて育ち
料理に興味を持つようになった。

1969年、ニュージーランドを経てカナダへ移住、
妻・トリ―ナのプロデュースする料理番組に出演、
カナダ、CBS系で世界に放映され瞬く間に有名となった。

日本では「世界の料理ショー」で放映、
オリジナル・タイトルは"The Galloping Gourmet”、
ワイン片手に口八丁手八丁のグラハムが実に愉快だった。
c0135543_22404131.jpg

料理なんて適当に作って、
楽しく味わえばいいんだぜ。

能書きなんてやめろやめろ、
食べて旨けりゃいいのさ、
難しい事言うなって。

そんな言葉が聞こえてくるようだった。
c0135543_2241152.jpg

決して、「いい仕事してる」とか
「ジューシーで芳醇な味わい」のような
馬鹿なひとつ覚えは言わなかった。

最後に出来あがった料理を
会場の観客の中から一人指名して味見させた。

そのときも、カメラは食べる観客の顔を映すだけ、
特にコメント、感想等を言わせなかった。

何故なら、料理を口に入れたその人の顔が
料理の出来と味を物語っていたからだ。






さてさて、秋も深まった11月、
台所に緑のブドウがひと房置かれていた。
c0135543_8352134.jpg

「葡萄の季節」も終盤に差し掛かった頃、
グラハム・カー直伝の「葡萄と鶏肉の壺焼き」が
久しぶりに、食卓を賑わすのではないか!
c0135543_8353931.jpg

我が家は夫婦ともども絶対の肉食派、
魚は2日続けば鱗が出てきそうで飽き飽き、
一方、肉ならば1週間続いても全く苦にならぬ。

そのなかで、我が家のクッキング・ベストスリーを上げると、
北京ダック、タンシチュー、そして葡萄と鶏肉の壺焼きだ。

料理の重要な要素がボリューム・・・・・・・・

ボリュームというと誤解されるかもしれぬので
「食べ応え」と言った方が良い。

その「食べ応え」感が実に素晴らしいのが
上に挙げた三つの料理である。
c0135543_8361079.jpg

今日は当然ながらワインの出番、
最近のお気に入り、Napa Valleyの赤を開ける。
c0135543_8364224.jpg

ベーコン、鶏肉を炒めているのだろう、
厨房から良い香りが漂ってくる。
c0135543_8371623.jpg


c0135543_8383287.jpg

オーブンでこんがりと焼き色がついた
パイ皮包みの出来上がりまで小1時間ほどか?
生唾がこみ上げてくる時間帯に入ってきた。
c0135543_8393247.jpg

ワインよーし、グラスよーし、
チーズよーし!ナイフ・フォークよ-し!!、
c0135543_8403167.jpg

これで完璧!!!
あとはグラハム流、料理を楽しむだけである。
c0135543_8412124.jpg

食べている人物の顔を出す訳にはいかないが、
赤ワインが益々旨く感じる料理とだけ言っておこう。
c0135543_8412623.jpg

「食欲の秋」、今やたけなわだ。
c0135543_842412.jpg

[PR]
by shige_keura | 2012-11-02 08:44 | | Comments(2)
Commented at 2012-11-02 11:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2012-11-02 18:12
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 遥かなり新・巌流島 悪魔の囁き >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.