Top
お若えの、お待ちなせーやし  -因縁の鈴ケ森-
ここは、品川区南大井の旧東海道沿い、
ここに江戸の三刑場と言われた鈴ケ森があったのだ。
c0135543_20105063.jpg

江戸の北の入り口、日光街道そばの小塚原刑場、
西の入り口、甲州街道沿いの八王子・大和田刑場、
そして慶安4年(1651)に開かれたのが鈴ケ森刑場だ。
c0135543_20113322.jpg

今は鈴ケ森刑場跡の史磧として
往時の模様を今に伝えている。
c0135543_20122795.jpg

c0135543_2013147.jpg

c0135543_20134042.jpg

数々の石碑、石像の中にあってひと際目立つのが
歌舞伎舞台にも登場する「髭題目供養碑」である。
c0135543_20141720.jpg

「髭題目」とは日蓮宗のお題目、
「南無妙法蓮華経」の法の字以外の6文字を
髭が長く生えているように伸ばしたものを言う。
c0135543_20145280.jpg

この「髭題目」は受刑者供養のため
元禄6年(1693)に造営され
池上本門寺貫首・日顕上人が文字をしたためたものである。

首洗いの井戸をはじめ
火炙り用の鉄柱、磔刑用の木柱を立てた礎石、
何とも刑場に相応しいものが今も残っている。





c0135543_20154531.jpg

c0135543_2016978.jpg

この刑場で最初に処刑されたのが
幕府転覆を謀った丸橋忠弥と言われ、
その他、八百屋お七、天一坊、白木屋お熊、
捕り物帳を騒がせた大物が磔刑、火炙りに処された。
c0135543_2017185.jpg

               (磔刑台跡と支柱を支えた礎石)
c0135543_20173061.jpg

そして、芝居の上では、
ここ鈴ケ森で幡随院長兵衛に呼び止められた
白井権八も、この刑場の露と消えた。
c0135543_20175324.jpg

               (火炙り台跡と支柱を支えた礎石)
c0135543_20181548.jpg

白井権八、本当の名前、平井権八は
因幡の国・鳥取藩士として生まれたが
故あって父の同僚を斬殺し江戸に出奔した。

江戸での逃亡生活中
吉原・三浦屋の遊女・小紫と昵懇の間柄となる。

しかし、生活は困窮し、辻切りを重ねたが
両親の死去の報を聞き自首し
鈴ケ森にて刑死、弱冠25歳の時だった。

権八、磔刑の報を受けた小紫は墓前にて自害、
二人の比翼塚は今も目黒不動尊、瀧泉寺に残っている。
c0135543_20185318.jpg

鈴ケ森は明治4年(1871)刑場としての役目を終えたが
220年間に処されたものは10万人とも20万人とも伝わっている。

犯罪者と言えども数多くの人間の終焉の地、
しかも、最後の様子は想像するだにおぞましい。
c0135543_20192684.jpg

昼とはいえ、余り長居をしたくなるような場所ではなかった。
[PR]
by shige_keura | 2012-11-09 08:36 | | Comments(0)
<< 秋深し  -時は流れ、又、秋が来て- お若えの、お待ちなせーやし  ... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.