Top
茂兵衛の鰻
神田明神下とくれば昔は銭形平次だった。

捕物帳の双璧が、
岡本綺堂の「半七捕物帳」と
野村胡堂の「銭形平次」だ。

神田明神下に世話女房のおしずと住む銭形平次、
子分の八五郎を従えて犯人を追う。

ハイライトは懐から取り出した銭を投げつけ
悪党をやっつけて事件解決となる。
c0135543_1012063.jpg

映画では長谷川一夫、
テレビでは大川橋蔵が当たり役で大活躍した。
c0135543_10122920.jpg

今、その面影は神田明神境内の
銭形平次石碑にのみ見ることが出来る。
c0135543_1013661.jpg


c0135543_10134845.jpg

さて、明神下のビルが立ち並ぶ外堀通り、
ビルとビルとに挟まれた古い家屋、
ここが本日の主役、茂兵衛の鰻の「神田川」である。
c0135543_10142563.jpg







ことの始まりは文化2年(1805)、
幕府の賄い方を務めていた三河屋茂兵衛が御家人株を売って、
現在の万世橋近くで「深川屋」の屋台で鰻商売を始めた。

明治維新後、現在の土地に店を構え
名前も店主の母方の出身地(相州神田村)と
名字の宇田川に因んで「神田川」と名乗った。

その後、大震災、東京空襲で2回に渡って全焼、
現在の建物は昭和27年(1952)に再建されたものだ。
c0135543_1015313.jpg

現在の建物の歴史は60年ではあるが
鰻屋の歴史は200年を超す大老舗なのである。
c0135543_1016115.jpg

11月24日のお昼、店の玄関には
「本日は予約のお客さまで一杯」の札が掛っていた。
c0135543_10162445.jpg

「予約しておいて良かった!!」
c0135543_10184545.jpg

c0135543_10192191.jpg

玄関を上がると正面に鰻の掛け軸、に鰻の絵馬、
廊下の突き当りには茂兵衛さんの前掛け、
雰囲気を感じながら個室に通された。
c0135543_10195972.jpg

座敷にあつらえたテーブル席、
庭に見とれうちにお通しが出てきた。
c0135543_10313312.jpg

c0135543_10315249.jpg

焼き銀杏、小エビの刺身に、山芋のすりおろしにイクラを散らせた三種、
ぬる燗というよりも日向燗に近い超ぬる燗、
嘗めるように飲むこと30-40分。
c0135543_10322492.jpg

白焼き、肝焼き、うな重が順序良く運ばれてきた。
c0135543_10341226.jpg

白焼きの身は柔らかながら
皮はパッリとして香ばしい仕上げ、
南千住の名店、「尾花」とは違う趣だ。
c0135543_103424100.jpg

「尾花」には何故かメニューにない無い肝焼き、
ここは売り切れ御免で供している。

数に限りがあるのも当然で
1本の串に7,8匹の鰻が必要なのだ。

嬉しい事に見た目ほどタレが甘くなくアッサリしているので
益々、食欲が湧いてくる感じとなる。
c0135543_1035157.jpg

愈々「鰻重」の登場。

これまた、辛めであっさりとしたタレ、
程良い柔らかさに蒸し上がった鰻とピタリ!

全てが「あれっ」と驚くほど、すんなりと腹に収まった。
c0135543_10353028.jpg

「神田川」の鰻、誠に結構!!
近いうちに又、行きたくなる名店であることは間違いない。

食後の腹ごなしに神田明神への階段を上るとしよう。
[PR]
by shige_keura | 2012-12-03 08:38 | | Comments(0)
<< 「アンタッチャブル」の温もり やってくれたぜ!!! >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.