Top
師走のLA ー優雅な昼食ー
カリフォルニア州道1号線、
家から5分のリンカーン通りを走る事20分程、
行く手に紺碧の太平洋が見えてきた。
c0135543_1710518.jpg


c0135543_17114132.jpg

世界的に有名なリゾート地、サンタモニカ・ビーチである。
c0135543_17121632.jpg

地名の由来は、その名の通り、聖人モニカ(Santa Monica ),
スペイン人が初めてこの地を訪れたときが
彼女の祝日だったことによるものである。

サンタモニカの年間平均晴天日数は325日、
朝は季節によっては霧がかかる日もあるが
基本的には年中、青空が広がっている。

クリスマス近しの12月21日(金)、
今日も良く晴れているサンタモニカ、
海辺の素敵なホテル、シャッターズ・オン・ザ・ビーチで
優雅な昼の一時を過ごした。





海側から見たシャッターズは
海辺で羽を広げている白鳥の如くゴージャスだ。
c0135543_17131056.jpg

一方、陸側のホテル正面は遠慮深い佇まいの中に
暖かくお客を向かい入れてくれる雰囲気を醸し出している。
c0135543_17134563.jpg

c0135543_17141755.jpg

ポインセチア、クリスマスツリーに飾られたロビー、
暖炉には赤々と火が燃えて、ぽかぽかと身体を暖めてくれる。
c0135543_1714577.jpg

c0135543_17152113.jpg

未だ正午には若干時間があるせいか、
人影のないレストランには
窓辺から燦々と12月とは思えぬ陽光が降り注いでいる。
c0135543_1716023.jpg

c0135543_17163038.jpg

c0135543_17172099.jpg

海辺のレストラン、
ならばロス到着後初めての海産物を味わおう。

前菜は海老、イカ、野菜のフリット(揚げ物)、
そして、蛸のソテーを取り分ける。

「しまった!!」

カメラに写す暇もあらばこそ
それぞれの腹に収まってしまった。

「新鮮で旨い!」

次は、娘がクラム(蛤)のフェットチーネ、
c0135543_1718389.jpg

家内は蟹のたっぷり入った手打ちパスタ、
c0135543_17183324.jpg

私はロブスターを一尾使った豪華、クラブハウス・サンドウイッチ。
c0135543_17193281.jpg

ヴォリュームたっぷり、プリッとした身の締まり、
久しぶりに欧米のロブスターの味を思い出した。

おめかしをした孫娘は食べるときはなりふり構わず
海老とイカのフライにかじりつき
続いては、トマトソースで口の周りを汚して
蛤のフェットチーネと格闘している。
c0135543_1720258.jpg

いつの間にか周りの席が埋まり始めた。

クリスマスの休暇は既に始まったのだろう。
c0135543_17205964.jpg

バカンスシーズン独特の、
のんびりとした空気が流れている。
c0135543_17212430.jpg

[PR]
by shige_keura | 2013-01-10 12:42 | | Comments(0)
<< 年末の苗場  -三国街道- 師走のLA  —小さくて大きな... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.