Top
映画の中の酒  -ジョン・ダニエルの名スピーチ-
アル・パチーノ、1940年生まれの大スターだ。

彼の人気を決定付けたのが、
デビュー3作目、1972年の「ゴッド・ファーザー」。

マフィアのボス(マーロン・ブランド演)の末っ子
マイケル・コルレ―オーネに扮したアルは
一躍ハリウッドのトップスターへ駆け上がった。

その後、「スケアクロウ」、「ボビーディアフィールド」、「セルピコ」、
「ジャスティス」等で名演技を披露するも
何故かアカデミー賞に縁が無かった。

1992年、デビュー後23年目にして
アルにアカデミー男優賞をもたらせたのが
今日紹介の「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」である。
c0135543_8592227.jpg

本作品は2時間半を超える大作で
若干、冗長の感は否めないが
ラスト30分を占めるアル・パチーノを見るだけでも
十分価値ある映画だと思う。

特に今日の、中・高学生、教育者にお見せしたいし、
見れば、何らかの想いが胸をかけめぐる筈だ。






アル・パチーノ演ずるは退役陸軍中佐、フランク・スレ-ド、
今は盲目となってこの世は闇、
絶望感にさいなまれている。

彼は、ニューヨークに行き、
人生の最後の馬鹿騒ぎをした後
ピストルで自分の生命を断つ計画を実行しようとする。

彼の水先案内をアルバイトで引き受けたのがチャーリー、
地元の進学校に通う苦学生だ。

スレ-ドは旅の初めからチャーリーが
何らかの悩みを抱えている気配を感じる。
c0135543_903629.jpg

一方、チャーリーはハチャメチャな行動を取るスレ-ドに
何時しか親愛と尊敬の情を感じてくる。
c0135543_905454.jpg

ただ、チャーリーはスレ-ドが察する通り
地元に帰れば全校集会で校長から糾弾を受ける。

何故なら、チャーリーは高校で起きたある事件の目撃者、
彼が見た事を言えば友達は処分を受ける。

しかし、チャーリーが沈黙を守れば
友人は救われるが自分には処罰が待っている。

友人を売るか? 自分が火の粉を被るか?
ふたつにひとつの選択を下さねばならぬ。

そこまで、詳しい内容を知らぬスレ-ドは
高級ホテル、アストリアでウイスキーをがぶ飲みする。

「おい、ジョン・ダニエルを持ってきてくれ」

「えっ、ジャック・ダニエルじゃないでしょうか?」

「いいんだ、俺にとっては付き合いが長いから
 ジャックじゃなくてジョンなのさ」
c0135543_91285.jpg

わけのわかったような分からないようなセリフ、
そのあと、スレ-ドはピストルを自分のこめかみに当てる。

これから先は言わない方が良い。

最後のハイライトは高校の全校集会、
スレ-ドの名演説が聴衆ばかり観客を引きづり込み
爽やかなエンディングへと導いていく。
c0135543_923547.jpg

演説の中身は長くて全てを紹介することはできないが、
戦場経験のあるスレ-ドならではの部分だけ抜粋しよう。

「俺を甘く見るなよ!
 俺は多くを見てきた、昔は見える目があった。
 ここの生徒より年若い青年たちが腕をもがれ
 足を吹き飛ばされた。
 だが、何よりも無残だったのは魂を潰された奴だ。
 潰された魂に義足はつかない。
 君等はこの優れた若者をむざむざ故郷に追い返すだけでなく
 彼の魂を殺そうとしているのだ。
 何故か? 彼がべアード校の名前を汚した生徒だから・・・?
 冗談じゃない、名前を汚しているのは他ならぬ君たちだ。
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 あんた(校長)は言った。 ここは、この国の指導者の育成校だと、
 根が腐って何が育つのかね? この学校の根は腐っている!!」

映画の全編を是非見てほしいが
時間が無い方、せめてスレ-ドの名演説を見て頂きたい。
[PR]
by shige_keura | 2013-01-25 09:08 | | Comments(0)
<< 暗転 西行が猫、頼豪が鼠 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.