Top
暗転
これは1月3日の夕暮れから夜にかけての話だ。

昨12月はロスに長逗留、
帰国直後に苗場にスキー、そのまま娘一家宅に居候、
漸く2日に我が家に帰った。

独りの夕食だから手間はかけたくない、
だからと言って我が家で今年初の食事なのだから、
一応の格好はつけなければなるまい。

お気に入りの自分の干支が描かれたお猪口を出す。
c0135543_9261927.jpg

金沢時代に気にいっていた九谷焼作家、竹腰潤さんのものだ。

彼は今や現代九谷を代表する超人気陶芸作家に上りつめた。
c0135543_927077.jpg

徳利は娘から貰った鍋島焼、
胴の膨らみがユニークでとても気に入っている。

酒は正月の為に仕入れた黒帯、
お燗の具合はあくまでも「ぬる燗」でとどめなかればならぬ。
c0135543_9273074.jpg

目の前には湯豆腐の小鍋立て、
それこそ舐めるが如くジックリ飲るが、なんとも言えず旨い。






そのあとは自己流、「雉焼き丼」。

鶏のもも肉の切り身の照り焼き、
脇に醤油を絡めた焼きネギとエノキのバター焼きを添える。

ネギはちゃんと網で焼いた後に
フライパンでオイルと醤油を絡めたものだ。
c0135543_9291488.jpg

勿論、上にパラパラっと海苔を掛けてひと口ふた口。

「うーむ、これはなかなかいけるぞ!
 しかし、鶏肉を使うのになんで雉焼きと言うんだ?」

その昔は雉を使っていたの由来だろうが、
「雉焼き」と言う名前には、お豆腐の雉焼きもあり
マグロやカツオを生姜醤油に漬け込んで焼いたものも
雉焼きとよばれているそうな。

更には「雉焼き」ではなく「生地焼き」と書く、
すなわち、鶏もも1枚の生地をつかうからだ、
と、いったこじつけまがいの解釈もある。

ともあれ、旨ければ文句は無い!!
c0135543_9294844.jpg

「御馳走様」までは至極順調に時間は経過した。

テレビは先ほどから相も変わらぬタレントの馬鹿騒ぎを
飽きもせず映し出している。

”バカたれ!”(馬鹿タレント)とはこのことか!

外は、とっくに陽が暮れて真っ暗だ。

そのとき、今まで考えたこともない不安に襲われた。

それは、何時の日にか
毎日を独りで暮らす境遇に陥る可能性が
無いわけでは無いということだった。

男女の平均寿命を当てはめれば
その可能性は50%以下、30%位なのかもしれぬ。

しかし、たとえ3割としても、
これはかなりの可能性があるということだ。

一体全体、そういった境遇に陥った場合、
私はそれに耐えて毎日を送っていくことが出来るのだろうか?

周りにはそういう男性は沢山いる。

ならば、自分でもやれぬわけではないのだろうが・・・・・・

そんなことを考えているうちに
寂寞たる想いが胸の中を駆け巡っていった。

今まで、ここまで深くとらわれた事のない想い、
人間、歳をとると湿っぽくなっていけねー!
[PR]
by shige_keura | 2013-01-26 18:27 | その他 | Comments(0)
<< 雪の金沢・・・・千変万化 映画の中の酒  -ジョン・ダニ... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.