Top
寒い冬の夜は
1月28日、007最新作、
「スカイ・フォール」を見た後のお話だ。

映画館は元・数寄屋橋沿いにある
元・日劇前、今、マリオンの前にある
元の「ニュー東宝」、今の名前を「有楽座」と言う。

「ややこしや、ややこしや」

「有楽座」と言えば私にとっては
日比谷の映画街での「日比谷映画劇場」と並ぶ両雄、
それが、前の「ニュー東宝」の場所を借りて
昔の名前を名乗っている。

有楽座を名乗る理由はなんなのか?
これって混乱しますよね。

東宝関係者のセンスを疑ってしまう。

それはともかく、映画は面白く楽しかった。

特に、半世紀も前から親しんだ007、
昔のいわく因縁を知ってる者には堪えられなかった。

時刻は16時過ぎ、冬の銀座は暮れかかっている。

ドライマティーニを一杯飲りたい気分だが自重し、
久しぶりの銀座の町をぶらつき、旨いものでも買って帰ろう。

とはいえ、寒い中を長々と歩いてはいられない。





自然と足が向かったのが「ピエール・マルコリ-二」、
ブラッセルに本店を構えるチョコレートの名店だ。
c0135543_1824213.jpg

今は季節ではないが、
この店のチョコレート・パフェの旨い事!

芳醇な味わい、チョコレートの豊かさ、
昼食がわりに十分となる逸品だ。
c0135543_18242845.jpg

しかしながら、今日の目的はエクレア????

何故か、店内の様子が違う。

訳を聞いて「ガッテン、ガッテン!」、
今や、バレンタイン一色、ケーキに眼は向けていられないのだ。

当てが外れてお店を出ようとした時、
「ク―ベルチュールは如何でしょうか?」の声が掛った。

「何? ク―ベルチュール、そりゃなんだ?」
c0135543_1825957.jpg

目の前のショーケースには
チョコレートの薄い破片がうずたかく積まれている。
c0135543_18253516.jpg

ク―ベルチュールとは成分の厳格な規定は省くが
簡単に言えばココア・バターの含有量の多いチョコレートのこと。

Couvertureはフランス語でもともと、「覆う」の意味であり、
ケーキの繊細なコーティングに使用されたり
フランス料理のデザートの洒落たアクセントに使われる。

即ち、特殊用途でありながら香り高いチョコレートのことである。

特に、このピエール・マルコリ-二は
各国のカカオ園から上質の素材を取り寄せ
その名も、「Brussels Treasure」(ブラッセルの宝)として近年売りだしている。

家庭で使うお勧めはホットチョコレート。

「そりゃ、いいアイデアだ!」

今年の冬はいつになく厳しい、
ならば「ブラッセルの宝」で身も心も温まろう。

カカオの最も強いヴェネズエラ産、
一般的にお勧めのガーナ産、
ふた袋を包んでもらって、いそいそと帰途についた。

帰ったら、家内にさりげなく
「ク―ベルチュール買って来たぞ」と言おう。
c0135543_18261980.jpg

しかし、それまで名前を覚えていられるかな?
たとえ覚えていても、なんだか舌がもつれそうだな。
c0135543_18265623.jpg

冬の夜の「ブラッセルの宝」、
ホッカホカになることは請け合いだ。
[PR]
by shige_keura | 2013-01-30 18:27 | | Comments(1)
Commented at 2013-02-06 17:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< 江ノ電の旅 -不思議な光景- 二人のエム >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.