Top
江ノ電の旅  -ふたつの展望台-
江の島の象徴ともいえるのが展望台、
今は「シ―キャンドル」という洒落た名前が付けられている。
c0135543_1324349.jpg

この江の島にふたつの展望台が見えた事があった。
c0135543_13262840.jpg

2002年から1年間ほどのこと、
初代展望台が老朽化した為
新たな展望台の建設を始めた時である。

初代展望台が江の島にできたのは1951年の時だ。
               (展示室にある初代展望台の模型)
c0135543_13295770.jpg

但し、この展望台は新築ではなく、
多摩川園にあった展望台(パラシュート塔)を移築したのだ。
c0135543_13313749.jpg

多摩川園の塔と江の島初代展望台の形は随分と違う。

恐らく、移築に当たっては相当な改築の手が加えられたのだろう。

そして、初代展望台と現在のシ―キャンドルを見ると
両者の間に相当なスタイルの違いを見ることが出来る。
c0135543_13353891.jpg

どちらが好きかはその人によりけりだが
私はなじみ深い初代の方が好きだ。






それにしても、本日の見晴らしの良さ!!

まさに、絶景かな!絶景かな!!

片瀬江の島の町のずっと奥の方が横浜、
特徴ある「ランドタワー」の姿が視界に入ってくる。
c0135543_1349060.jpg

逗子、葉山の方角、
山の上にちょっぴり飛び出ているの
は大楠山の展望台だろう。
c0135543_13494974.jpg

更にその先は三崎、城ケ島だ。
c0135543_13505986.jpg

開けた洋上に霞むのは大島、
c0135543_1352924.jpg

沖合にちょこっと頭を出している烏帽子岩、
後ろの箱根山々の更に背後に富士山が望まれる。
c0135543_1411668.jpg

茅ヶ崎から辻堂の浜辺はゆるやかで優しげだ。
c0135543_1421150.jpg

今年の冬は格別に厳しく寒い、
しかし、ここからの景色は確実に春の訪れを告げている。
[PR]
by shige_keura | 2013-02-05 08:35 | | Comments(0)
<< より高く、より遠く、壁を超えた... 江ノ電の旅 -駅前旅館- >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.