Top
久しぶりの厨房  -牛旁ニ態-
NHK朝の番組、「3人のシェフNeo」から
和風、中華風ふたつの料理に挑戦した。

先ずは和風、「牛旁のかき揚げミゾレ出汁」である。

ササガキ牛旁に小麦粉をまぶし、
更に、水に溶いた小麦粉で軽く練り上げる。
c0135543_18344362.jpg

フライパンに2センチほどオイルを敷き
ササガキ牛旁を入れてかき揚げを作ってゆく。
c0135543_18353572.jpg

c0135543_1836775.jpg

その間、鍋に鰹出汁に大根1/4本と
生姜ひとかけおろしたものを入れ、
醤油とみりんで味を調える。
c0135543_18365437.jpg

味の方はNHkのレシピは参考に留め
自分達の好みに合わせて調整する。

何が言いたいかと言うと、
レシピ通りにやると、吾等には甘過ぎてしまう。
c0135543_18373193.jpg

かき揚げの方は火加減を調整しながら進めると
画像の様な大きなかき揚げが完成する。
c0135543_18381030.jpg

c0135543_18384258.jpg

かき揚げを鍋の出し汁に入れ、
上から三つ葉を散らす。
c0135543_1839752.jpg

ここまでがNHKのレシピ、
我が家はこのかき揚げ入り出し汁に
薄切り牛肉をシャブシャブ風で味わってみた。

濃厚な味が好きな私にはもってこいなのだが、
あっさり味が好きな方にとっては
美味しいがすぐに満腹感を味わうことになるだろう。

残った出し汁は翌日の昼食、
野菜を入れ、卵を溶かしこみ、
肉なしのすき焼き丼風にして平らげた。





続いては中華の、「牛旁と鶏の黒酢煮」。

2人分を想定し用意するものは、
牛旁1本、鶏手羽中或いは元6本、
ネギの青い部分、ミカン(或いはレモン、ユズの皮)、
生姜ひとかけに万能ねぎ(香草の代わり)といったところか。
c0135543_18402488.jpg

下準備として牛旁を2等分に切り耐熱皿に入れラップし
電子レンジ500KWで2分、その後、粗熱をさましておく。
c0135543_18405960.jpg

手羽元はボウルに入れ醤油をかけて手で揉む。
c0135543_1841344.jpg

中華鍋で手羽元を強火で炒め焼き色をつけ、
そこに蛇腹に切った牛旁、ネギ、生姜を入れ
香りが出るまで炒めてゆく。
c0135543_18415882.jpg

c0135543_18422416.jpg

そこに鶏ガラスープ500cc,醤油、黒酢、紹興酒(または日本酒)、
砂糖、八角、レモンの皮を入れて煮込んでいく。
c0135543_18425335.jpg

沸騰したら中火で更に20分煮込んでゆく。
c0135543_18431963.jpg

20分後、八角、レモンの皮、をとりだし
赤唐辛子を1本入れ、焦げないように強火で煮込む。
c0135543_18434191.jpg

とろみがついてきたら赤唐辛子を取り出し、
ごま油と黒酢で味を調え完成!!

鉢に盛りつけ、万能ネギをパラパラと散らし、
「いただきます」となる。
c0135543_18435995.jpg

こちら、中華風も味がしっかりとしており
ご飯のおかずとして最適な一品となった。

ただひとつの反省点は
レモンの皮を使ったことで若干の苦みが出た事だ。

ここは、ミカンの皮か、或いはミカンジュースを使い
その分、砂糖を減らした方が良いのかもしれない。
c0135543_18442163.jpg

とにもかくにも、歳と共に変わる嗜好、
まっこと不思議なものである。
[PR]
by shige_keura | 2013-03-02 08:36 | | Comments(0)
<< 大統領夫妻からの手紙 久しぶりの厨房 -嗜好の変化ー >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.