Top
WBC準決勝に想う   ー憎い演出ー
サンフランシスコ、3月17日(日)、
夕刻より第3回WBC準決勝が
日本とプエルトリコの間で行われた。

日本では試合開始に先立つこと
1時間も前からテレビ中継が始まった。

今や遅し、テレビの前に陣取ったことは言うまでも無い。

結果について、言いたいところは沢山あるが
私は素直にプエルトリコチームの素晴らしさに敬意を表したい。

今回は試合そのものよりも
私にとって印象的だったことを幾つか紹介したい。

決勝戦の舞台はサンフランシスコの「AT&Tパーク」
2年連続ワールドシリーズチャンピオン・ジャイアンツの本拠地、
これほどWBC決勝戦の舞台として相応しい球場はない。
c0135543_95507.jpg

是非、テレビで紹介してほしかったのは
この球場は日系企業(鹿島建設)が初めて手掛けたものであり、
しかも地方自治体の援助なしで完成させた事である。

時は2000年、日本が世界に君臨していた頃だ。

さて、ここからはアメリカ得意の憎い演出が始まる。

1,2大会優勝監督による始球式、
登場するのは勿論、王貞治さんと原辰徳さんだ。

そのとき、ひとりの年老いた黒人が
二人に始球式用の白球を手渡した。

なんと、オルランド・セぺタではないか!

プエルトリコの英雄、「プエルトリコのベーブルース」と言われた男、
いやいや、日本ープエルトリコ戦をまえにして
「やってくれるなー、全く!」





オルランド・セぺタ程、波乱万丈の生涯を送った男も無いだろう。
c0135543_973497.jpg

1937生まれのセぺタは1958年、
サンフランシスコ・ジャイアンツ入団デビュー
その年の新人王を獲得した。
c0135543_98065.jpg

その頃の、ジャイアンツ、
史上最高の外野手とされたウィリー・メイズ、
外野後方の湾の名前にもなっているウィリー・マッコビー、
そして、セぺタがゴールデン・トリオとして牽引した。
               (ウィリー・メイズ)
c0135543_983174.jpg

               (ウィリー・マッコビー)
c0135543_99268.jpg

MVP1回、打点王3回、輝かしい成績を残し
1974年、オルランド・セぺタは選手生活を終えた。

翌年、彼はマリファナ密輸に関与したとして逮捕、
有罪5年の判決を受けた。

彼は晩年怪我に悩まされマリファナを常用していたのだが、
そのことが麻薬取引疑惑に繋がっていった。

幸いにして裁判の不透明性が指摘、
セぺタはわずか10カ月で仮出所した。

しかし、彼の名声は地に落ち、
母国プエルトリコの失望は大きかった。

苦難の毎日を送る彼に救いの手を差し伸べたのが
古巣、ジャイアンツ、
広報担当として迎えセぺタも誠心誠意で仕事に当たった。

「薬物乱用防止キャンペーン」の旗振り、
エイズ患者のスポーツ大会への参加許可、
各地の刑務所訪問、恵まれぬ人たちの為に奔走した。

セぺタの心のこもった行動が認められ
1993年プエルトリコの野球殿堂入りが決定、
1999年にMLBの野球殿堂に「青少年の範」として推薦された。

更に、同年、ジャイアンツは彼の背番号30を永久欠番とし、
2000年にはニューヨ-ク州から「勝利の人生賞」が送られた。

波乱万丈の男、オルランド・セぺタ、
自分の努力で現在を掴み取った男が
晴れのWBCの舞台に戻ってきた。
c0135543_925051.jpg

心からオメデトウと言いたい。

さて、続く、両国国歌に続くセレモニー、
私にとっては大きな驚きと喜びがあった。

明日に続く。
[PR]
by shige_keura | 2013-03-19 22:40 | スポーツ | Comments(0)
<< WBC準決勝に想う  -裾野の... 半世紀ぶりの里帰り  -後篇- >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.