Top
かんたん美味
「かんたん美味」、新聞の活字を写しただけだ。

そして下の画像が完成の一皿!

中国宮廷料理とは決して言わないが、
場末の小汚い「珍来軒」の親爺料理よりも
遥かに魅力ある逸品と思って戴けるのではないか。
c0135543_8483942.jpg

男が作る夕食は複雑で手間がかかるのは駄目だ。

何故なら、作っている途中から
頭で描いた料理から逸脱し、
似て非ざるものになってしまうからだ。

もう一つの欠点は栄養のバランスを考えないことで
どうしても私の場合は肉食偏向になってしまう。

その意味では鍋料理が最適だ。

とにかく下ごしらえが単純至極、
豚、鶏、牛、いずれかに野菜をたっぷり併せ、
これに豆腐でもあれば言うこと無しとなる。

しかしながら、桜の季節も過ぎた今、
独りで汗をかきながら鍋料理をつつくのは
男として洒落にもならぬし粋じゃない。

さー、そんな時に目に飛び込んできたのが
かんたん美味、「蒸しどりのネギソースあえ」である。

蒸しどりはともかくとして「ネギソース」なるものが実に旨そうだ。

とどめは、調理時間が20分!!

こりゃ、試してみる価値は十分にある。






新聞のレシピでは鶏の胸肉を使っているが、
敢えて若干脂が乗ってる腿肉を使った。

腿肉に塩をまぶし、酒を振りかける。
c0135543_8504032.jpg

ネギの青い部分を手で引きちぎり、
生姜を皮がついたまま適当に切り、
耐熱皿に置いた腿肉の上に載せて、
500Wのレンジで5-7分加熱する。

中まで程良く蒸し上がったならば、熱を冷ます。
c0135543_8511266.jpg

熱を冷ましている間にネギソースの制作に取り掛かる。

ネギの白い部分1本の微塵切り、
ここが私の苦手な工程だが粘り強く作業を進める。
c0135543_8514088.jpg

微塵切りに鶏の蒸し汁、胡椒、塩、ごま油を加え、
自分の好みの味に調整する。

醤油は隠し味程度にほんのちょっぴり加えるだけでよい。

冷めた腿肉を手でほぐし皿に盛る。
c0135543_8522184.jpg

皿の周りには体裁に気を配り
キュウリの薄切りを花の様に並べる。

料理は味が良ければ良いってものではない、
見た目も負けず劣らず重要だ。

これで完成! 見事なもんだと自画自賛。
c0135543_8525753.jpg

腿肉を冷ます時間もあるので
20分で完成までは至らぬが
1時間とはかからない、実に簡単な一品である。
c0135543_8531460.jpg

ごま油の効いたネギソース
予想通りの名脇役となった。

今度はネギソースを
白身魚或いはマグロのカルパッチョに使ってみよう。

これまた、絶対に旨い筈である。
[PR]
by shige_keura | 2013-04-19 19:00 | | Comments(0)
<< 困った事態 ”きんさん”の思い出 >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.