Top
鎌倉、戸塚、急ぎ旅 -お花の工場 その1-
c0135543_8532927.jpg

戸塚の目的地・大倉陶園本社工場前は
樹齢100年を超えるツツジが満開、
創業者の遺志が脈々と今に伝わっている。
c0135543_8531511.jpg

創業者は大倉孫兵衛、江戸末期に生まれ
明治・大正にかけて、日本経済発展に多大な貢献をした
頑固一徹、気骨溢れる、明治一代男である。
c0135543_8542120.jpg

彼の実家は絵草紙屋、
横浜で外人相手に商売をしていた時
ひとりの男との出会いが人生を変えた。

その男の名前は森村市左衛門、
森村財閥の創業者として
経済ばかりか文化・教育の発展に尽くした男だ。

森村は当時、中津藩に馬具商として出入りを許され、
それが縁で福沢諭吉と知り合えた。

福沢諭吉の言葉、「貿易こそ日本の生きる道」に共鳴した森村は
弟や孫兵衛と共に民間初の商社、「森村組」を立ち上げた。

彼等が最初に手掛けた事業は陶器製造販売、
日本で作った西洋食器をアメリカで販売することだった。

「ノリタケ」の前身「日本陶器」の誕生である。




ニューヨークの一等地5番街に店を出し、
市左衛門の弟の豊かと共に赴任したのが
孫兵衛の息子・大倉和親だった。
c0135543_858784.jpg

その後、「森村組」は傘下に、
東洋陶器(TOTO)、日本碍子、日本特殊陶業(NGK)を立ち上げ、
今も、日本のセラミック産業をリードしている。

大倉孫兵衛・和親は森村組に尽力する一方、
伊那製陶(INAX)、カガミクリスタル、
関刃物、サカタのタネ等に資本を投下し事業をバックアップした。

大倉孫兵衛は66歳の時脳溢血に倒れ
徐々に第一線から身を引き
湯河原で病気療養の生活に入った。

しかしながら、孫兵衛は己の夢の実現に
強い意欲を持っていたのだった。

1917年、75歳の時、孫兵衛は
湯河原に息子・和親を呼び驚くべき計画を打ち明けた。

それは、自己資金だけで誰にも邪魔されずに
自分が思い描く超一流の西洋陶磁器を作ろうとのものだった。

孫兵衛は既に蒲田に1万3000坪の用地を購入し、
後の日本を代表するデザイナー日野厚を呼び寄せていた。

こうして、今でも日本を代表する高級陶磁器、
大倉陶園は蒲田の地に産声を上げた。
               (世界的に有名な大倉のシンボル・「ブルーローズ」)
c0135543_8585625.jpg

時に孫兵衛76歳の時だった。
[PR]
by shige_keura | 2013-05-18 10:05 | | Comments(0)
<< 鎌倉・戸塚、急ぎ旅 -お花の工... 鎌倉・戸塚、急ぎ旅 -花あり、... >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 


LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.