Top
上越・北信の旅  -水芭蕉の花が・・・-
5月23-24日、久しぶりに長距離ドライブの旅をした。
c0135543_18263551.jpg

ここで言う上越とは妙高高原、
北信とは飯縄から志賀高原、
絶好の天気に恵まれ旅を満喫した。
c0135543_18272224.jpg

自宅を9時半に出発、
今日の目的地、妙高高原に近づいたのは14時半、
宿泊の赤倉観光ホテルに直行は早すぎる。

向かった先が「笹ヶ峰高原」、
当初は野尻湖へ行く予定だったのだが、
特に理由もなく目的地を変更した。
c0135543_1830148.jpg

結果的にはこれが良かったのだと思う。
c0135543_18285864.jpg

小規模な田舎のスキー場、
曲がりくねった山道、眼下に野尻湖を眺め
15キロほど行くと目の前が開け
緑の野原が広がる草原地帯が現れた。
c0135543_18293533.jpg

スイスでは良く見かけたアルプ、
即ち、アルプス山脈中腹の豊かな草原地帯に良く似ている。
c0135543_18302793.jpg

c0135543_18314383.jpg

目に鮮やかな白樺林、カラマツ林、
上にばかり目を取られて見過ごすところだったが
小川のせせらぎの畔に水芭蕉が咲いていた。
c0135543_18332615.jpg

久しぶりに見る水芭蕉の群生だった。







水芭蕉と言えばこの歌、「夏の思い出」。
c0135543_1834780.jpg

「夏が来れば思い出す
 はるかな尾瀬とおい空
 ・・・・・・・・・・・・・・・・
 水芭蕉の花が咲いている・・・・・」
であるように尾瀬が有名だ。

この花を見るたびに私は会社時代の
ある場面を思い出し、ニヤリとしてしまう。

当時の部長はなかなかにウイットの効いた人、
或る日、目の前に男が背を丸め座っている。
c0135543_18343719.jpg

どの部・課にも必ず居るおっちょこちょい、怒られ役、
この日も会議で言わなくてもよい事を言ったらしい。

突然、部長はこう言った。
「全く、お前って奴は尾瀬の水芭蕉だな」

部内の全員が仕事をしているふりをして
事の成り行きを見守っていた事は当然だ。

「それにしても、尾瀬の水芭蕉って何だ??」

一呼吸置いて、部長はこう締めくくった。
c0135543_18351022.jpg

「お前は尾瀬の水芭蕉だ!
 湿原の花(失言の華)だよ」
c0135543_18353759.jpg

何とも言えぬ雰囲気が漂ったのだが
決して気まずいものでもなければ
悪い感じは誰も持たなかったのではないだろうか。

怒られている当人ですら救われたような表情を浮かべていた。

そんな関係ない昔の事を思い浮かべながら、
未だ雪が残る川辺に咲く白い水芭蕉に見入っていた。
[PR]
by shige_keura | 2013-05-28 21:50 | | Comments(0)
<< 上越・北信の旅  -懐かしのホテル- 究極のダブルプレー >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.