Top
「ちぎっては投げ」の制球力
東映フライや―ズのエースとして







土橋さんは浅草の生まれで生家は魚屋、
道理で彼の投げっぷりの良さと言ったら天下一品だった。

               (当時の東映の主力投手、土橋、安藤、尾崎)
c0135543_20441187.jpg

「ちぎっては投げ、ちぎっては投げ」
サインを受けるや否や投球動作に入っていった。
c0135543_2045762.jpg

土橋さんが最高のピッチングを見せたのが1961年
30勝を稼ぎ、防御率は1.90、文句のつけようがない成績だ。

ところが、この年はとんでもない成績を残す投手が居た。

稲尾和久さん、勝ち星42、防御率1.69、
「アッパレ」がいくつあっても足りない。

土橋さんは不運に泣いたが
翌年の1962年、日本シリーズの最高殊勲選手の栄誉に輝いた。

土橋さんのイメージは速球投手、
実際に9連続三振、1試合16三振(当時の新記録)をマークした。

又、威勢の良いピッチングは時として喧嘩投法とも呼ばれたが
実は土橋さんの真骨頂は類稀なる制球力にあった。

彼は56イニング無四球記録を持っている。

すなわち、6試合以上フォアボールを与えなかったということだ。

土橋さんの通算成績は162勝135敗、
投球回数2518回、与四球339、
1試合につき、たった1.21の四球しか与えていない。

この成績と、プロ野球史上
制球力が優秀だったであろう投手を比べてみよう。

         投球回数   与四球  1試合当たりの与四球
小山正明   4899     978     1.80

稲尾和久   3599     719     1.80

江川卓    1857      443     2.15

桑田真澄   2761     752     2.45

田中将大   1268     266     1.89

土橋さんの1.21が如何にもの凄いかお分かり頂けると思う。

ところが、ここに土橋さんを上回る制球力の持ち主が居る。

現在、レッドソックスでセットアッパーとして大活躍の上原浩治選手である。

彼の通算投球回数は1857回、その間に与えた四球が236個、
1試合当たりの与四球は、なんと1.20、驚異的である。

このようにして制球力の良い投手を見ると
共通点として、投げっぷりの良いこと、
インターバルが短いこと(例外・桑田真澄)、
投球術に秀で、球威も一級品であること。  

最後に参考までに唯一の400勝投手、
金田さんの数字を載せておこう。

通算投球回数 5526、通算与四球 1808、1試合与四球 2.94

通算投球回数、5526が破天荒なので比べる意味は無いのかもしれない。 
[PR]
by shige_keura | 2013-08-26 20:48 | スポーツ | Comments(0)
<< Oct 10,1964・・・・... 夏は海辺でカレ-をどうぞ >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.