Top
赤バットの足技
大徹院赤心哲山居士、
10月28日、93歳で亡くなられた方の戒名である。

野球が好きな方なら、「赤」と「哲」の二文字で
この方は、川上哲治さんと分かるだろう。
c0135543_14421332.jpg

赤バットをひっさげ、「弾丸ライナー」の名をほしいままに
戦争直後の日本に明るさをもたらした人であり、
監督となってからの9連覇は前人未到
プロ野球に対する貢献は計り知れない。
c0135543_14424077.jpg

心からご冥福をお祈りします。

本日は川上哲治さんの現役時代、
知られざる一面を覗いてみよう。

爺が小・中学生時代の日常生活は
一に野球(映画)で、二に映画(野球)
三,四が無くて五が教室でいねむりだった。

つまり、映画と野球は私にとって
甲乙つけがたいほどの存在だった。

魅力に引きずり込まれたのは
映画がゲイリー・クーパー、
野球が川上哲治というスーパースターの影響だった。

小学校2年生、初めて訪れた後楽園球場、
試合前の1塁側ベンチ裏で、
じっとバットを見つめていた川上選手、
子供心にも、その場を支配する
厳粛なる気配を感じ取った。

時に1951年、打率0.377は無論首位打者、
年間の三振数は僅かの6個
川上選手生涯最高の年と言ってもよいだろう。

夏の陽が傾く、多摩川の練習場、
ひたむきにバットを振っていた川上さんが
「ボールが止まって見える」との
伝説的な言葉を残したのもこの頃に違いない。

しかしながら、「打撃の神様」の異名を奉られた川上さんも
こと、守備と走塁についての評判は芳しくない。

同じ時期2塁を守っていた千葉茂いわく
「哲が動かんものだから、こっちは堪らんわ」

新人ながらショートを守っていた広岡達朗は嘆いた。
「少し送球がそれると捕ろうとしないんやからね・・・・」

又、川上選手の走塁、走る姿は
お世辞にも格好良いとは言えなかった。

当時、ハワイから加入したウォ-リー・与那嶺選手の
リズミカルな走り、華麗なスライディングに比べ
川上選手の走りはどこまでも重く鈍かった。







しかしながら、ここに意外な事実が隠されている。

巨人選手の歴代盗塁ランキングを見てみよう。

1位  柴田  579
2位  松本  342
3位  川上  220
4位  高田  200
5位  鈴木  197
6位  長嶋  190

柴田の579は別格としても、
俊足のイメージが強い
長嶋、高田よりも盗塁数が多い。

ただ、川上選手の盗塁に関しては
従来から、次のようなコメントがされていた。

「彼の盗塁は、足の速さによりも
 相手の油断につけこんだものが多いのさ」

この意見は妥当なものだろうか?

打者にとって足が早くないと達成出来ぬものは
何と言っても三塁打に違いないだろう。


ここで、プロ野球歴代三塁打のベストファイブを挙げてみよう。

1位  福本  115
2位  毒島  106
3位  金田  103
4位  川上   99
5位  広瀬   88

川上選手は俊足・好打者に伍して三塁打、歴代4位、
あの南海の盗塁王、広瀬より11本も多いのだ。

更に驚くのは、川上選手の実働18年間
最初の年の投手時代を含め
すべての年で3塁打を記録している。

長嶋茂雄の実働は17年、
そのなかで2年間3塁打ゼロの年があり、
プロ野球唯一の3000本安打達成者、張本勲は
実働23年間4年間3塁打を達成できななった年がある。

因みに張本選手の3塁打数は72、
長嶋選手は74個である。

川上、長嶋、張本、この三人の若かりし頃、
駆け足で勝負したら、川上選手が最も遅いと言うのが
世間一般が抱くイメージである。

しかし、3塁打記録からは
川上さんの足が遅かったとは、
とても言えなくなってしまう。

「打撃の神様」のイメージが強すぎるからだろうが、
努力の人の足技にも、もうすこしライトを当ててほしい。
[PR]
by shige_keura | 2013-12-28 16:22 | スポーツ | Comments(0)
<< あっという間の大晦日 コキ・コキ・コキ >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.