Top
SO/BBのもの凄さ!!
本日のテーマは野球でございます。

野球に詳しい御仁ならば良くご存知の筈、
SOとはStrikeouts、三振のこと、
BBはBase on Balls,四球のことを意味する。

勿論、ともにMLBの公式用語である。

SO/BBとは1個の四球を与える間に
いくつの三振を奪ったかを示す数値で
アメリカの野球界では安定した投手の尺度となっている。

ベンチにいる監督として、もっとも安心し見ていられる投手とは
三振を奪いながら、無駄なランナー(四球)を出さぬ投手だ。

荒れ球で三振を重ねる一方で、
フォアボールも数多いのでは
ベンチにいる監督としては腰が暖まらない。

さてさて、昨年レッドソックスを覇者に導いた上原投手は
とんでもない数値をたたき出したのである。





彼が奪った三振は101、与四球は経ったの9個、
その中に敬遠が2個含まれている。
c0135543_10294918.jpg

奪三振が100以上で与四球が一桁なのは
長いMLBの歴史を紐といても初の快挙である。

そしてSO/BB率がなんと11.22、
これは長年ヤンキースの守護神として君臨したリベラが
2008年に記録した12.8に次ぐ数字である。
c0135543_10302087.jpg

アメリカではSO/BBが5を越せば超一流の証し、
上原が残した11.22は破天荒の数字である。
c0135543_10303799.jpg

なにしろ1個の四球を与える間に
11個以上もの三振を奪ってしまったのだから!

彼は読売ジャイアンツでもエースとして活躍したが
日本プロ歴代1500イニング以上投げた投手の
SS/BBベストスリーは次の通り。
c0135543_1031066.jpg

1位 上原浩治  6.68

2位 土橋正幸  4.88

3位 杉浦忠   4.61

2013年の日本プロ野球、
規定イニングを投げた投手のなかで
SS/BBが4に到達したのは次の3名だけだ。

1位 田中将大  5.71

2位 岸孝之 4.45

3位 菅野智之 4.00

最後に上原投手がMLB入りしてからの
1試合当たりの与四球の推移を紹介しよう。

2009年  1.62
2010年  1.02
2011年  1.25
2012年  1.04
2013年  0.85

上原の速球は精々140キロ前半、
球種も多いほうとは決して言えない。

にもかかわらず、この安定感、
どこに秘密が隠されているのだろうか。

本年もオープン戦での調子は上々、
彼がどんなピッチングを見せてくれるか、
興味は尽きない。
[PR]
by shige_keura | 2014-03-22 10:34 | スポーツ | Comments(0)
<< 優しさの中の批判 道は何故細い >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
思い出しました!!! ..
by aosta at 13:46
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.