Top
桜満開、選抜も満開 -敬遠にとりつかれた男ー
3月31日・月曜日 空は真っ青に晴れ渡り風も穏やか、
折しも桜は9分咲き、これ以上ないお花見日和となった。
c0135543_174085.jpg

当初は一日かけて都内の桜名所を
ゆっくりと見て回るつもりだったが・・・・・、
朝刊を見た途端、ゆるりとお花見は出来ぬことに気がついた。

何故なら、高校野球・春の選抜、準々決勝第3試合に
佐野日大と明徳義塾の好カードが組まれていたからだ。

本大会屈指の好投手、
佐野日大の田嶋、明徳義塾の岸、
野球ファンならばこれを見逃してなるものか。
c0135543_17404191.jpg

更に、この試合を観戦したい理由が別に有った。

私は高校野球の大のファンではあるが
特定の贔屓のチーム、好き嫌いは基本的にない。

但し、その中で唯一と言ってもよい
応援したくないチームが明徳義塾である。

星陵高校時代の松井秀喜を
5打席連続敬遠の作戦をとった馬淵監督、
彼が率いる限り、明徳球児には申し訳ないと思いつつ
良い感情を抱くことは出来ないでいる。

その馬淵監督が今や甲子園の名将に名を連ねている。

ならば、どのような采配を見せるのか?
この目でじっくりと確かめようじゃないか。

そして、この試合でも彼の得意の作戦、
敬遠のあとにドラマは起きた。
c0135543_17412490.jpg





試合は序盤から中盤は4-1と佐野日大のペース。

ところが、6回裏田嶋君がムキになった所を
流石の試合巧者、明徳は見逃さず
5連打であっという間の4-5の逆転劇となった。
c0135543_1742788.jpg

直後の7回表、佐野日大1死2塁の同点のチャンス。

ここで、佐野日大の主将であり3番の吉田君の打席、
すかさず、馬淵得意の敬遠第1回目が起きた。

ここで佐野日大が見せたベンチの動きが見事!

初球、ダブルスティール、
完全に虚を突かれチャンスは1死2,3塁と広がった。

結果的に次打者の浅いレフトフライで同点になったのだから
ダブルスティールの効果は絶大だった。
c0135543_17424716.jpg

試合は5-5のまま9回の表、佐野日大の攻撃
2死ながら1,2塁と勝ち越しの好機を迎えた。

ここで打席に入ったのが、又々、吉田君、
そして馬淵監督の作戦も又々敬遠の指示。

次打者は4番とは言え、この試合では全く打てそうにない、
ランナー2,3塁ならば当然敬遠だが1,2塁、
敬遠好きの馬淵も悩んだ挙句の作戦だったに違いない。

しかし、落ちる球全盛の現代野球
3塁に勝ち越しランナーを背負うことが
どれほどバッテリーにプレッシャーを与えることになるか?

暴投、捕逸の1点は9回の終盤、まさに致命的、
ここで高めに浮いた球を三遊間に打ち返されて
佐野日大に軍配は挙がることとなっていった。
c0135543_17434221.jpg

この試合に限っては馬淵監督の作戦を責める気はない。

責める気はないが、この監督には敬遠が常に付いて回る、
その因縁には何だか奇妙な気持ちになってしまった。

尚、今回の桜画像は当日の目黒川の光景です。
[PR]
by shige_keura | 2014-04-04 17:45 | スポーツ | Comments(0)
<< 桜満開、選抜も満開 -凄い作戦... ホゲエ! ホゲエ・・・・ >>



2007年9月末にこちらに引っ越してきました。
→過去のブログを見る


ホームページ 



LINK 

カテゴリ
全体



スポーツ
その他
LINK
トリップアドバイザーにお勧めブログとして認定されました。金沢 ホテル
旅行口コミ情報
最新のコメント
懐かしい名前を拝見いたし..
by モモタロウ at 17:42
↑恥ずかしいからそういう..
by Hiraoka at 17:45
試合はブチ切れるし、判定..
by shige_keura at 09:36
コメント有難うございまし..
by shige_keura at 18:00
全話をチェックした訳では..
by 通りすがり at 16:23
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

LINK FREE

このブログの写真・テキストの無断使用はお断りします。

(c) 2007 shige_keura. All rights reserved.